5G (第5世代移動通信システム)とは

5G ファイブジー(第5世代移動通信システム)とは

5G(第5世代移動通信システム)

5G (ファイブジー : 第5世代移動通信システム)とは、2018年現在、規格化が進行中の次世代無線通信システムです。

2020年の実用化に向けて、通信事業者各社は5Gの研究開発に取り組んでいます。


5Gサービスが実用化されれば、あらゆるモノがネットワークにつながると言われています。

一説には、過去にインターネットが普及したとき以上の変革が起きるという声も挙がっています。

では、具体的に私達の生活は、どのように変化するのでしょうか?


このページでは、5Gについて現在までに分かっている事柄をまとめています。


スポンサーリンク

5G とは

5Gは、次世代の通信システムとして期待されています。

ちなみに、現在、主流の通信システムであるLTEやLTE-Advancedは「4G」と呼ばれています。


3G・4G・LTE・VoLTEの特徴と違い
スマートフォンや携帯電話、タブレットなどでインターネットを利用しようと思った場合に、必ず耳にするのが「3G」「4G」「LTE」「Volte」などの用語です。既にご存知の方も、おさらいの意味で改めて理解しておきましょう。

5Gは、4Gよりもさらに高速化・大容量化、低遅延化、同時多接続、高信頼性などを可能にすると言われており、様々な最新技術の集合体であると考えられています。


高速化

LTEの1000倍となる10Gbpsという高速通信が実現可能になるようです。

これまで移動通信において使われていなかった6GHz以上の高い周波数を利用することで、高速通信を可能にします。

無線通信においては、帯域幅が広くなればなるほど、高速大容量化を図れるようになります。


大容量化

大容量化は、高速化と併せて5Gの主点です。

データ量が大きいものでも、現在の約10倍の速度でやり取り出来るようになると言われています。


同時多接続

たくさんの「モノ」が同時に繋がることが出来ます。

IoTによって様々な「モノ」が通信を行うようになることが予想されているため、同時多接続は不可欠な要素になるはずです。


低遅延化

現在の4Gの遅延は、50ミリ秒未満ですが、自動運転や遠隔医療、遠隔操作での災害対策などに活用される5Gでは、さらなる低遅延化が求められます。

5Gでは、1ms(ミリ秒)未満の低遅延が保証されるので、素早いレスポンスが期待できます。


高信頼性

自動運転などにおける5G技術の利用は、安全、確実であることが第一に求められます。

低遅延化と共に、信頼性は重要な要素となります。


省電力化、低コスト化

IoT化の推進やICT産業の発展に伴い、省電力化は非常に重要視されています。

また、通信事業者のシステム運用の低コスト化を図るためにも、省電力化は避けられないと言われています。

省電力化、低コスト化が実現すれば、より良質な通信サービスを低価格で受けることが可能になるかもしれません。


5G の登場で変わること

5G の登場で変わること

5Gの実用化により、私達の生活は大きく変化すると言われています。

5Gが大きく社会を変革すると言われているのは、主に次のような点です。


5G スマートフォン

5G スマートフォン

2019年には、5G通信に対応したスマートフォンが登場する見通しです。

ただし、5G対応デバイスが登場した後も、暫くはLTEがメインとなる見込みです。

5Gエリアは、トラフィックが集中する都市部を中心に展開され、次第に郊外へ拡大していくことが予想されます。


VR・AR・MR


VR(Virtual Reality : バーチャルリアリティ)、AR(Augmented Reality : 拡張現実)、MR(Mixed Reality : 複合現実)は、5Gの特性である高速、大容量、低遅延を最大限に活用することが出来ます。

様々な映像表現が可能になるため、医療現場や科学研究、商品開発などの分野で活躍が期待されています。


自動運転


5Gでは、遅延が1ms(1ミリ秒、1/1000秒)以下になると言われているため、自動車の自動運転にも5Gが活用されるとの指摘も既にされています。

通信遅延を短縮化することが出来れば、リアルタイムで車を遠隔制御することができるようになるため、「隊列走行」「完全自動運転」の実現も可能であるという意見もあります。

これにより、無人自動走行による移動サービスなどの実現も視野に入ってきました。

事実、ドイツの大手自動車メーカー3社(アウディ、BMW、ダイムラー)は、5G通信網を利用したシステム開発に向け連携を進めています。


IoT

IoT

IoT(Internet of Things)とは、「モノのインターネット」と呼ばれる概念であり、様々な「モノ」がセンサーや通信機能などを介してインターネットに接続されることで、相互に制御・情報交換を行うことを可能とする仕組みです。

家庭で使用する電化製品やウェアラブルデバイスだけでなく、家具や建物、医療機器など多種多様な「モノ」がIoT化すると言われています。

IoTが普及すれば、情報端末だけではなく、あらゆる「モノ」がネットワークに繋がるようになるため、通信量は膨大になることが予想されます。そのため、高速大容量化が可能になる5Gは必要不可欠となります。


8K映像


フルハイビジョンの4倍の高画質を誇る「4K映像」から、さらに進化した「8K映像」の伝送についても5G通信網の活用が不可欠だと言われています。


昨年11月、NTTドコモとシャープは、5Gの特長の1つである高速・大容量の通信を活用することで、合計約1Gbpsを必要とする12チャンネルの8K映像伝送を安定して行う実験に成功しました。

この技術は、将来的に高精細スポーツ観戦映像や、高精細監視カメラ映像などへ応用することが期待されています。

8K映像伝送が実用化されれば、競技場やコンサート会場へ行かなくても臨場感のある迫力の映像をスマホで体験することが出来るようになるかもしれません。


今後もドコモとシャープは、5G通信網を活用した8K映像アプリケーション・サービスの実証実験を進めていくことが予想されます。


まとめ

「5G」は、自動運転やIoT化の普及に寄与するだけでなく、建設現場でのドローンの活用や手術ロボットを利用した遠隔手術など、様々なシーンで運用されることが予想されています。

この次世代通信システム「5G」が普及することで、音楽やスポーツなどといった大容量コンテンツを遅延することなく送ることが可能になります。

そのため、コンサート会場やスポーツ競技場に足を運ぶことなく、手持ちのスマートフォンなどで臨場感のあるライブ映像を楽しむことが出来るようになると言われています。


私達生活者の価値観は、時代とともに常に変化しますが、「5G」の実用化は社会システムの概念を大きく変容させ、新しい価値観の創出を実現してくれるはずです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
トップへ戻る