テザリングとは

テザリング

テザリングについて

スマートフォンには、テザリング機能が備わっている端末があります。

最近では、テザリング機能は一般的になっていますが、現在でも「あまりよく知らない」という人も決して少なくないようです。

このページでは、スマホのテザリングの機能について分かりやすく解説していきます。


テザリングとは、スマートフォンなどを外部モデムとして利用することで、携帯ゲーム機やタブレット端末、ノートPC、デジカメなどをインターネット接続させる機能のことを言います。

つまり、現在利用しているスマートフォンの高速通信回線(4GやLTE)を他の端末でも利用することが出来る機能です。


スポンサーリンク

テザリングの種類

テザリング

テザリング(英:tetherring)の「tether」とは、綱・鎖でつなぐという意味を持つ言葉です。

つまり、スマートフォン本体(親機)をアクセスポイントとして活用することで、スマートフォン本体のインターネット接続はもちろん、外出先などでノートPCやタブレット、ゲーム機などの機器(子機)をインターネットに接続することができます。

テザリングの種類 (スマートフォンと機器の接続方法) は、「Wi-Fiテザリング」、「Bluetoothテザリング」、「USBテザリング」という3種類の方法があり、利用シーンに応じて使い分けることが可能です。


Wi-Fiテザリング

Wi-Fiテザリング

Wi-Fi(ワイファイ)を使用した、無線通信によるテザリング方法です。

ゲーム機や、ノートPC、カメラなど対応機器が豊富で、同時に複数台接続が出来るというメリットがあります。


一方で、有線接続(USBテザリング)に比べて通信速度が遅くなるというデメリットがあります。

また、親機・子機ともにバッテリーの消費が早くなる傾向があるため、外出時は予備のモバイルバッテリーや充電器を持ち歩く必要があります。


その他にも他人に中継点を利用される可能性があるため、セキュリティ面を考慮してパスワードを設定する必要があります。


Wi-Fiテザリングのメリット・デメリット

メリット対応機器が豊富
複数の端末を接続できる
デメリット通信速度が遅い
バッテリー消費が大きい
セキュリティ面に不安がある

【PR】高速モバイル通信なら≪WiMAX≫今なら端末代金0円♪


Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリング

スマートフォンとパソコンやタブレット、カーナビなどをBluetooth®接続することでインターネットを利用することができます。

Bluetooth®とは、デジタル機器の近距離間データ通信に使う無線通信技術の一つです。Bluetooth機能に対応した端末同士をワイヤレスで繋いでやり取りすることが出来ます。


Bluetoothテザリングのメリットは、Wi-Fiテザリングに比べて、電池の消耗が大幅に少ないことです。

また、子機(パソコン・タブレットなど)を操作するだけでテザリングを開始できるので、親機(スマートフォン)に触れることなく操作できるというメリットがあります。

さらに、Wi-Fiテザリングとは異なり、親機と子機の一対一の安定した無線通信なので、セキュリティ面でも安心な接続方式だと言えます。


ただし、Bluetoothテザリングは、Wi-Fiテザリングに比べて通信速度がかなり遅くなる傾向があります。

そのため、高画質動画の視聴などの利用に関しては適していません。一般的なWEBサイトの閲覧やSNSの利用などについては、問題なく利用できます。


Bluetoothテザリングのメリット・デメリット

メリットWi-Fiテザリングよりも電池消費が小さい
1対1での接続なのでセキュリティレベルは高い
デメリット通信速度が遅い
バッテリー消費が大きい
複数台の接続には対応していない

USBテザリング

USBテザリング

USBテザリングは、USBケーブルを使用して物理的に接続する方式です。

USB端子付きの充電器を使用して、PC・スマホを充電する場合と同じなので、最も手軽に行えるテザリング方法だと言えます。

ただし、端末同士をケーブルで繋いで利用することになるため、有線接続特有の煩わしさを感じるかもしれません。


USBテザリングのメリットとしては、Wi-FiテザリングやBluetoothテザリングに比べて通信速度が速く、端末を充電しながら利用できるため、バッテリーの持ちを気にすることもありません。

また、無線ではなく有線なので、セキュリティ面でも安心です。


USBテザリングのメリット・デメリット

メリット無線接続に比べて通信速度が速く、安定している
セキュリティレベルが高い
充電しながら利用することが出来る
デメリットスマホとパソコンをUSB接続する必要がある
パソコン以外の機器では使用できない

テザリング方式 早見表

テザリング方法Wi-FiテザリングBluetoothテザリングUSBテザリング
通信速度
バッテリー消費
セキュリティ
接続台数複数台1台1台

テザリングを利用する際は、それぞれの接続方法の特徴を把握し、用途に合った方法を選ぶことをおすすめします。


テザリングの通信料金

docomoやSoftbank、auなどの大手キャリアでは、テザリング機能を持った端末を数多く提供しています。

テザリング利用時は、通信料が高額になる場合が多いため、パケット通信し放題な「パケット定額サービス(NTTドコモ:パケ・ホーダイ)」に加入することをおすすめします。

また、テザリング機能は、携帯電話キャリアごとに料金プランがことなります。


ドコモ

docomoでは、テザリングオプションはありません。パケット定額プラン(パケ・ホーダイプラン)に加入すれば無料でテザリング機能を利用することが出来ます。

注意すべき点としては、テザリングが利用可能な端末と利用不可能な端末が存在することです。


  • Androidスマートフォン
  • iOS8以降のiPhone

iPhoneを利用する場合は、iOSのバージョンを確認しておく必要があります。


au

auの場合、テザリングオプションはデータ定額サービスにより変わってきます。オプション料金は、通信量やスマホ料金などと合わせて請求されます。

auのテザリングオプション料金は、下表の通りです。


対象のデータ定額サービス月額オプション利用料
データ定額1/2/3/5/8/10/13無料
データ定額20/301,000円
LTEフラット500円
月間データ通信量を500MBプラス

基本的に、多くの方が「データ定額1」を契約しているかと思いますので、無料でテザリング機能を利用することが出来ます。


Softbank

ソフトバンクの場合、テザリングオプションを利用する場合は、データ(パケット)定額サービスへの加入が必要です。

ソフトバンクのテザリングオプション料金は、下表の通りです。


データ(パケット)定額サービス月額使用料
データ定額 20GB/30GB
家族データシェア 50GB/100GB
法人データシェアギガパック(50)/(100)
1,000円/月
※加入から2017年4月末までは無料
データ定額ミニ 1GB/2GB
データ定額 5GB
データ定額S(4Gケータイ)
500円/月
※加入から永年無料
上記以外500円/月
※加入から2年無料

また、キャリアだけでなく、格安SIMを提供するMVNO各社でも、テザリングサービスに対応する端末を取り扱っています。

MVNOの格安SIMでテザリングを利用する場合でも、大容量プラン使い放題プランを契約しておくことをオススメします。


格安SIMの選び方と申し込み方法
格安SIMとは 格安SIMとは、MVNOと呼ばれる事業者が提供する通信サービスを受けることのできるSIMカードのことを言います。 ...

テザリングの通信規制

テザリング機能を利用する際に、最も注意する必要があるのが通信制限です。

データ(パケット)定額サービスを選んでいる場合でも、合計通信量が7GB/月(通称「7GB制限」)1GB/直近3日間を超えた場合は通信制限がかかります。

通信制限に引っかかってしまうと、通信速度が大きく下がることになります。


通信規制がある理由

この通信制限は、公平性の確保のため、一部のユーザーがデータ通信を利用し過ぎることへの対策としてとられています。

一部のユーザーが、通信機器に大きな負荷をかけることは、システムの安定性を欠くことになるため、基地局が止まるなどの被害が生じます。

通信キャリアは、このような被害による費用の増大を防ぐために、通信制限を設けています。

そのため、通信制限を気にせずテザリングサービスを利用する場合は、「ポケットWi-Fi」「WiMAX」などといった通信制限のないモバイルルーターを使用することをおすすめします。


【PR】高速モバイル通信なら≪WiMAX≫今なら端末代金0円♪


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
15万円以上
トップへ戻る