Wi-Fiとは

Wi-Fi

Wi-Fiとは

「Wi-Fi(ワイファイ)」という用語を耳にする機会は増えていますが、そもそもWiFiというものはどういったものなのでしょうか?

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、このページでは、今や生活に欠かすことのできない「Wi-Fi」について振り返ってみようと思います。


Wi-Fiとは、無線LAN(無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステム)の規格のひとつです。

『Wi-Fi Alliance』という無線LAN製品の普及促進を図ることを目的とした業界団体によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が可能であることが認められたことを示すものです。


無線LANは、基地局とスマホなどを無線で接続することで、データ通信を行うことが出来ます。ケーブルではなく、電波を使って接続するため、無線LANと呼ばれます。


スポンサーリンク

IEEE(アイ・ トリプル・イー)

IEEE(アイ・ トリプル・イー)

IEEE(アイ・ トリプル・イー)とは、アメリカ合衆国に本部を持つ、規格の標準化を行う電気電子学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers)の頭文字で、この学会が定めた規格の名称は全てIEEEで始まります。


そのため、多くの無線LAN(Wi-Fi)製品には、「IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応」などと表記されています。

この文字列の意味は次の通りです。


IEEE 802.11a

「IEEE 802」とは、LANの物理層における規格の名称です。

代表的なものとしては、IEEE 802.3(CSMA/CD)、IEEE 802.5(Token Ring)、IEEE 802.6(MAN 都市域ネットワーク)、IEEE 802.11(無線LAN)、IEEE 802.15.1(ブルートゥース)などがあります。

「802」という数字は、1980年2月にLANの標準化が開始されたことから呼ばれるようになりました。


スマホで使う無線LAN規格 - IEEE802.11

Wi-Fiでスマホやゲーム、パソコンなどを使う際の規格としては、無線LANの規格を定めている「IEEE802.11」があります。

無線LAN規格を細かく分類した場合、伝送規格はIEEE802.11a/11b/11g/11n/11acで定義されます。


規格周波数帯最大通信速度特徴
IEEE 802.11a5GHz帯54Mbps5GHz帯を使うため2.4GHz帯の11b、11gのような電子レンジの影響を受けにくいが、11b、11gの信号ほど遠くまで伝搬しない。
IEEE 802.11b2.4GHz帯11Mbps2.4GHz帯の電波を使う電子レンジや医療用機器、Bluetooth対応製品などが近くにある場合は、電波干渉で通信速度が落ちる可能性が高い。
IEEE 802.11g2.4GHz帯54MbpsISMバンドを利用しているので、電子レンジやコードレスホン、Bluetooth対応製品などからの干渉を受ける可能性が高い。
IEEE 802.11n2.4GHz帯および5GHz帯600MbpsIEEE 802.11aおよびIEEE 802.11gを高速化した規格。
IEEE 802.11ac5GHz6.9Gbps電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくく、安定した通信の維持を可能としている。

11n」は、IEEE 802.11a/b/gの後継規格にあたり、5GHz・2.4GHz両方の周波数帯に対応しています。最高600Mbpsの通信を行える広帯域を実現しています。

最新規格のホームゲートウェイ「11ac」という規格は、他の規格に比べて一度に運ぶ情報量が多いという特徴があります。そのため、無線通信の転送効率が向上します。


光回線などの高速通信を利用する場合は、「11n」や「11ac」に対応した無線LANルーターやPC・タブレット端末などを使用することで、より快適なネット環境を実現できます。


また、無線LANのセキュリティ規格は802.11iで定義されます。


Wi-Fiと無線LANの違い

Wi-Fiと無線LANの違い

無線LANWi-Fiの違いは、製品にWi-Fi CERTIFIEDロゴが表示されているかどうかで判断することが出来ます。


Wi-Fi CERTIFIEDロゴ
Wi-Fi CERTIFIEDロゴ

Wi-Fi CERTIFIEDロゴを製品に表示するためには、Wi-Fiの規格標準化団体である『Wi-Fi Alliance(WFA)』の認証を受ける必要があります。

そのため、認証されていないものは、たとえ機能が同じであってもWi-Fiとは名乗ることはできません。


つまり、無線LAN機能を備えたルーターのうち、Wi-Fi Allianceの審査を通過し認証を受けた製品だけがWi-Fiを名乗ることができるわけなのです。

街中で、「Wi-Fi使えます。」などの文章を見かけることがありますが、Wi-Fi認証を得ていないものも存在しているため、厳密には意味が異なるというケースも少なくないようです。


Wi-Fi Allianceとは

Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)は、無線LAN製品の普及促進を図ることを目的とした業界団体である。主に相互接続性試験方法の策定、製品の認証、およびWi-Fiブランドの普及に向けたプロモーション活動を実施する。


Wi-Fiスポット

Wi-Fiスポット

「Wi―Fi使えます。」などと掲示している店舗・場所は、無線LANの基地局として無線LAN機器を設置していることを表しています。

Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)には、有料のものと無料のものが存在します。

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手通信キャリアも、公衆Wi-Fiサービスを展開しています。

各キャリアの契約者であれば、無料でWi―Fiサービスを利用することが出来ます。契約していない方は、月額料金を支払うことで利用できます。


無料Wi-Fiスポット

無料Wi-Fiスポット

無料Wi―Fiの普及に取り組んでいるのは、セブンイレブン(セブンスポット)、ローソン(LAWSON Wi-Fi)、ファミーリーマート(ファミマWi-Fi)などのコンビニやマクドナルド(マクドナルド FREE Wi-Fi)、スターバックスコーヒー(at_STARBUCKS_Wi2)、タリーズコーヒー(tully’s Wi-Fi2)、ファミレスなどの飲食チェーン店です。

また、駅構内や空港、都営バスなどの公共交通機関でも公衆WiFiを提供しています。


スマホで接続する場合は、Wi-Fiスポットで設定画面を開き、Wi―Fiの項目を選択します。

そして、電波を自動検知して画面に現れるリストからサービス事業者を選ぶことで、店舗が提供しているWi-Fiを利用することが出来ます。


無料Wi-Fiの利用方法

無料Wi-Fiを利用する際は、会員登録画面が表示されます。

多くの場合、メールアドレスを登録することで、ID、パスワードが記載されたメールが届きます。

ログイン画面でIDとパスワードを入力してログインすることで、無料でネットを利用することが出来ます。


無料Wi-Fiの注意点

ただし、無料Wi-Fiの利用には注意すべき点も少なからず存在します。

無料Wi-Fiは、セキュリティ面が脆弱な場合が多いため、個人情報などが流出してしまう危険性も指摘されています。

そのため、無料Wi-Fiの利用時には、クレジットカード番号や口座番号、個人情報の入力などの重要情報を入力することは避けたほうがいいかもしれません。


また、無料Wi-Fiを提供する事業者は、ユーザーの使用日時やネットの閲覧履歴などを収集して、マーケティングやサービスの改善・開発に利用しています。

無料Wi-Fiは、通信費を抑えることができるため、上手に利用すればとても便利なサービスですが、このような点を理解した上で利用することをおすすめします。


【PR】高速モバイル通信なら≪WiMAX≫今なら端末代金0円♪


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
15万円以上
トップへ戻る