au AQUOS sense2 SHV43 の評判・スペック・発売日・価格情報

SHARP
au AQUOS sense2 SHV43
AQUOS sense2 SHV43

【カラー】 アイスグリーン シルキーホワイト ピンクゴールド ニュアンスブラック 全4色


au AQUOS sense2 SHV43の概要

au(KDDI)は、2018年秋冬モデルのスマートフォンに「AQUOS sense2 SHV43」をラインナップすることを発表しました。発売日は2018年11月上旬以降予定とされていましたが、11月9日に決定しました。

「AQUOS sense2」は、シンプルなボディに18:9のIGZO液晶ディスプレイや防水、おサイフケータイ、指紋センサー、顔認証などの嬉しい機能が充実したローエンドモデルスマートフォンです。


高精細IGZO

「AQUOS sense2」は、高精細IGZOで色鮮やかなディスプレイ、縦長画面で見やすく持ちやすいシェイプを特徴としています。

高精細かつ明るい表示が可能なフルHD+(2,160×1,080ドット)のIGZOディスプレイを採用。高い透過率でLEDバックライトの消費電力が抑えられ、さらに静止画表示の消費電力を低減することができます。

従来機種より消費電力最大約21%(AQUOS sense SHV40と同じ輝度での比較)を削減し、長時間の電池持ちを実現しています。


より大画面に

従来機「AQUOS sense SHV40」に比べて、表示できる範囲が広がり大画面ディスプレイに進化しました。

また、縦長になり、表示できる領域が広がりました。ニュースやSNSといった長文のサイトも、一画面で多くの情報が表示されるので、快適に読み進められます。

本体横幅を約71mmに抑え、大画面なのに持ちやすいサイズを実現しました。


安心の防水・おサイフケータイ対応

安心の防水・おサイフケータイに対応しているので、普段使いにも適しています。


防水対応

キャップレス防水構造を採用し、水回りでも安心して使える防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)に対応しています。

水濡れに強いIGZOディスプレイとタッチパネルで、画面に水滴がついてもスムーズな動作を実現しています。


おサイフケータイ対応

スマホで簡単決済を可能にするおサイフケータイに対応しています。コンビニやカフェ、交通機関など、財布を持たずにキャッシュレスで支払いができて便利です。


約1,200万画素のメインカメラ

AQUOS sense2のメインカメラ(有効画素数:約1,200万画素)ではイメージセンサーのピクセルサイズを従来機に比べ25%大型化しました。

さらにF値2.0の明るいレンズも採用しているので、屋内などの薄暗いシーンでも被写体のリアルな質感や色を残せます。


画像処理エンジン「ProPix」

ダイナミックレンジが広く、色再現性に優れた画像処理エンジン「ProPix」を搭載。高感度、低ノイズ性を高めたクリアな画像を実現します。


AIオート

メインカメラのAIオートを利用すれば、写真撮影時に、料理や夕景など、撮影するシーンにぴったりのモードをAIが自動でセレクトしてくれます。


ハイスピードオートフォーカス

ハイスピードオートフォーカスなら、子どもなどの動きのある被写体も、像面位相差AFとコントラストAFの2つのオートフォーカスにより、速く正確にピントを合わせることが可能です。手軽にブレの少ない美しい写真を撮影できます。


インテリジェントフレーミング

カメラが構図を補正して、撮影した画像と構図補正した画像を自動保存します。


あとからキャプチャー

ベストショットは動画から切り出す方が簡単です。あとからキャプチャーを利用すれば、高画質動画から必要な部分だけ動画や静止画を切り出せます。


約800万画素インカメラ

「AQUOS beauty」は、「美肌」「小顔」「色合い」「明るさ」「目の大きさ」をファインダーで確認しながら調整できます。

セルフィーが、今まで以上に楽しくなります。


インカメラでは、背景ぼかしを使用した雰囲気のある写真を撮ることができます。


セルフィーフラッシュ & アイキャッチセルフィー

インカメラでの撮影時には、フラッシュとして画面が発光し、夜景でも人物を明るく撮影できます。

また、インカメラ周辺に視線を集める表示で、撮影時に起こりがちな目線のズレも解消できます。

「OK Google, アイキャッチセルフィーで撮って」と声をかけるだけで機能を呼び出せます。



スポンサーリンク

au AQUOS sense2 SHV43 のスペック

AQUOS sense2 SHV43

基本
サイズ(高さ×幅×厚さ)約148mm x 71mm x 8.4mm
質量約155g
電池容量2,700mAh
CPUSDM450 1.8GHz/オクタコア
SIM Cardsau Nano IC Card 04
搭載OSAndroid 8.1
発売日2018年11月9日発売
ディスプレイ
ディスプレイ種類IGZO
サイズ約5.5インチ
解像度(ドット数)2,160×1,080(FHD+)
解像度
縦横比18:9
表示色数約1,677万色
メモリ
外部メモリmicroSDXC(最大512GB)
内蔵メモリRAM3GB
ROM32GB
カメラ性能
メインカメラ静止画約1,200万画素 CMOS 裏面照射型,F値 2.0,手ブレ軽減
動画撮影ハイスピードAF
フロントカメラ静止画約800万画素 CMOS 裏面照射型,F値 2.2,手ブレ軽減
動画撮影
通信
通信方式4G LTE/WiMAX 2+
無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.2
その他
ワンセグ/フルセグ×/×
おサイフケータイ
赤外線通信
防水対応○ IPX5/IPX8
防塵対応○ IP6X
VoLTE対応
テザリング対応○ 最大10台
バッテリー駆動時間連続待受時間約650時間(4G LTEエリア/WiMAX 2+エリア)
連続通話時間約1,910分
電池持ち時間

au AQUOS sense2 SHV43の実質負担金

「AQUOS sense2 SHV43」の本体価格は、32,400円(税込) です。

「AQUOS sense2 SHV43」の機種変更時、新規契約時、NP時の実質価格は以下の通りです。


機種変更
( 実質負担金 )
新規契約
( 実質負担金 )
MNP
( 割引適用後価格 )
675円(税込)× 24回
16,200円(税込)
675円(税込)× 24回
16,200円(税込)
675円(税込)× 24回
16,200円(税込)

※表示価格はauオンラインショップにおける価格です。au取扱い店の価格とは異なる場合があります。

※上記の価格は2018年10月現在のものです。


au AQUOS sense2 SHV43 ネットでの評判・レビュー

AQUOS sense2 SHV43に関するネット上でのユーザーからの口コミレビューを紹介しています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
15万円以上
トップへ戻る