Every Phone DX の評判・スペック・発売日・価格情報

ヤマダ電機
Every Phone DX
Every Phone DX

【カラー】 ブラック 全1色


Every Phone DXの概要

家電量販大手のヤマダ電機は、Android 7.0を搭載したスマートフォン「Every Phone」を発表しました。全国のヤマダ電機グループ各店およびヤマダウェブコムで、4月28日より発売されています。

ヤマダ電機は、2015年11月にWindows 10 Mobile搭載モデル「EveryPhone」を発売していますが、今回発表された「Every Phoneシリーズ」はAndoroid OS搭載の6機種をラインアップします。

EveryPhone EP-171DXは、余裕のスペックに充実の機能、性能重視のハイスペックモデルです。10コアCPU低電力IGZO液晶搭載。


10コアCPU搭載、最もハイスペックなEveryPhone

EveryPhone DXは、パソコン並みのコア数で、スマホとは思えない驚きの情報処理性能を実現しています。

記憶容量やメモリもハイスペックなので起動やレスポンスが速く、アプリやネットの動作も快適です。


高画質ダブルレンズデュアルカメラ搭載

EveryPhone DXは、2つのカメラレンズで写真を撮る、デュアルカメラを採用しています。 カメラの一つを広角用、もう一つを望遠用として使い分けることで、ユーザーが撮りたい画像によって切り替えるという使い方ができます。

また、DXはモノクロとカラーのカメラを搭載しています。モノクロカメラは色の濃淡を、カラーカメラは鮮やかな色彩を、それぞれの長所を生かし役割を分担させることで、通常のカメラとは違った高画質な写真の撮影を可能にしています。


IGZO液晶でフルハイビジョン

テレビでも使用されているIGZOの液晶を搭載しています。 スマートフォンとは思えない、くっきり鮮やかな映像を楽しめます。

IPSディスプレイは明るさに優れており、室内でも晴天の屋外でも細部まで見やすく、色鮮やかな映像を楽しめます。


また、「綺麗」だけじゃないのがIGZOです。 省エネ効果もあるため、バッテリー容量以上に電池も長持ちです。


デュアルSIM、デュアルスタンバイ

デュアルスタンバイ(DSDS)とは、片方のSIMを使用している状態で もう一つのSIMを使用することが可能な端末の事を言います。

例えば1枚目にガラケー契約の音声格安SIM、2枚目に格安データ通信専用の SIMを入れるなどといった使い方が出来るので費用を抑えることが可能です。


つまり、通信・通話料金を安く抑えるために、通信専用の機器とデータ通信専用機器の2台持ちの必要はありません。また、会社用とプライベート用を1台にまとめることも可能です。

※データ専用SIM+データ専用SIMの利用はできません


ジャイロセンサー搭載

ジャイロセンサー(傾き感知センサー)を搭載しています。 そのため、大人気ゲームもスムーズに楽しめます。

容量もメモリも大きく、ハイスペックだからこそ、 アプリもサクサク起動し、ゲームやアプリに最適なスマートフォンです。


高感度指紋認証センサー搭載

事前登録した指でタッチするだけでロックの解錠が可能。 ストレスフリーなユーザビリティと高いセキュリティを実現します。


Type-C端子USB

端子に上下の区別がないので、裏表両方使えるType-CのUSB。挿し口を気にしなくていいため、余計な時間を要しません。


最新のAndroid7.0(Nougat)へ近日アップグレード

Nougat新機能の「マルチウィンドウ」は、たとえば動画を見ながらWEBページを見るなど、2つのアプリを同時に表示することができます。


スポンサーリンク

Every Phone DXのスペック

Every Phone DX のスペック

基本
サイズ(高さ×幅×厚さ)154.0mm x 76.0mm x 8.2mm
質量約180g
電池容量3,500mAh
CPUMTK6797X 10コア/最大2.6GHz
SIM CardsmicroSIM ×2 microSD
搭載OSAndroid 6.0
(近日7.0へアップデート)
発売日2017年4月28日発売
ディスプレイ
ディスプレイ種類 IGZO
サイズ5.5インチ
解像度(ドット数) 1,920×1,080ドット
解像度401dpi
縦横比16:9
表示色数1677万色
OS/メモリ
外部メモリSDXCカード(64GB)
内蔵メモリRAM4GB
ROM64GB
カメラ性能
メインカメラ静止画1300万モノクロ画素+1300万カラー画素
デュアル
SONY(R)製 IMX 258
動画撮影
フロントカメラ静止画1,300万画素
動画撮影
通信
通信方式■4G/LTE対応バンド 1,3,8,19,28B
■3G/WCDMA対応バンド 1,6,8,19
■2G/GSM Quad
無線LAN802.11 a/b/g/n (2.4/5.0GHz)
Bluetooth4.0
その他
ワンセグ/フルセグ×/×
おサイフケータイ×
赤外線通信×
防水対応×
防塵対応×
VoLTE対応
テザリング対応
バッテリー駆動時間連続待受時間約300時間
連続通話時間約15時間
電池持ち時間

Every Phone DXの実質負担金

「Every Phone DX」の本体価格は49,800円(税抜き)です。


上記の価格は2017年4月現在のものです。

料金について詳しくは、格安スマホを提供する各サイトでご確認下さい。


格安SIM

SIMフリースマホと併せて揃えたい!格安SIMはこちらから確認できます。


LINEモバイルBIGLOBE SIMDMMモバイル
容量1GB~10GB容量1GB~12GB容量1GB~20GB
月額500円~月額900円~月額440円~
回線ドコモ回線ドコモ,au回線ドコモ
詳細詳しく見る 詳細詳しく見る 詳細詳しく見る
OCN モバイル ONEIIJmioNifMo
容量110MB/日~15GB容量3GB~10GB容量1.1GB~13GB
月額900円〜月額900円〜月額640円〜
回線ドコモ回線ドコモ,au回線ドコモ
詳細詳しく見る 詳細詳しく見る 詳細詳しく見る
UQ mobile楽天モバイルマイネオ
容量2GB~6GB容量3.1GB~30GB容量500MB~10GB
月額980円~月額525円~月額700円~
回線au,ドコモ回線ドコモ回線au,ドコモ
詳細詳しく見る 詳細詳しく見る 詳細詳しく見る
NURO モバイルU-mobileb-mobile
容量2GB~10GB容量1GB~5GB容量1GB~30GB
月額700円〜月額680円〜月額880円〜
回線ドコモ,ソフトバンク回線ドコモ,ソフトバンク回線ドコモ,ソフトバンク
詳細詳しく見る 詳細詳しく見る 詳細詳しく見る

格安SIMを利用する場合は、ご利用の端末が「動作確認済み端末」かどうか、各MVNOでチェックしておくことをおすすめします。


モバイルWi-Fiルーター(ポケットwifi)

モバイルWi-Fi(ポケットwifi)なら、格安SIMのような通信制限を一切気にすることなく快適にスマホを利用することが出来ます。

また、下りの通信速度も圧倒的な速さを実現しているので、重いデータでもサクサク動作し、画質の高い動画でもスムーズに閲覧することが可能です。


ブロードワイマックスYahoo!Wi-FiNEXTmobile
下り最大440Mbps下り最大187.5Mbps下り最大150Mbps
月額2,726円(税抜)月額3,696円/月月額2,760円/月(税抜)
データ量制限なし(ギガ放題プラン)データ量制限なしデータ量制限あり
種類WiMAX種類LTE種類Softbank 4G LTE,
Softbank 3G

格安SIMの選び方と申し込み方法
格安SIMとは 格安SIMとは、MVNOと呼ばれる事業者が提供する通信サービスを受けることのできるSIMカードのことを言います。 ...

Every Phone DX ネットでの評判・レビュー

Every Phone DXに関するネット上でのユーザーからの口コミレビューを紹介しています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
トップへ戻る