ガラスマとガラホの違い

ガラスマとガラホの違い

ガラスマとガラホ

ガラスマとガラホは、共に日本で独自の進化を遂げたデジタルガジェットです。

両者は、しばしば混同されることがありますが、そもそも始めから設計理念が全く異なる、別の意味合いを持ったデバイスです。


では、ガラスマとガラホはどのような違いがあるのでしょうか?

それぞれの特徴を把握することで、両者の違いを理解していきましょう。


スポンサーリンク

ガラスマとは

ガラスマとは

ガラスマとは、日本独自の機能を実装するスマートフォンの通称です。正式名称は、ガラパゴススマートフォン。

ガラスマは、従来のスマートフォンに日本独自の機能である、おサイフケータイワンセグ赤外線通信3D機能防水機能キャリアメールメガピクセルカメラカメラのシャッター音などを搭載し、ガラケー(ガラパゴスケータイ)の機能を取り入れた端末のことを言います。


スマートフォンとガラケーの違いについて
スマートフォンとガラケー スマートフォンが従来の携帯電話(ガラケー・フィーチャーフォン)と違う点は、どのような所なのでしょうか? ...

ちなみに、ガラスマに対して、世界中で販売されている標準的なスマートフォンは、グロスマ(グローバルスマートフォン)と呼ばれます。


ガラスマは、あくまでもスマートフォンであり、普通のスマートフォンと異なる点は、おサイフケータイやワンセグなどの日本独自のガラパゴス機能を搭載しているという点です。

従来の携帯電話であるガラケー時代から、ガラパゴス機能に親しんできた人からは、一定の評価を得ています。

しかし、日本独自の機能を搭載しているため、独自部品を調達・使用する必要があります。

このような理由から、比較的高コストになる傾向にあります。また、それに伴う不具合なども報告されています。


ガラスマが登場した背景

日本において、ガラケーからスマホへの以降が始まったのは、2007年に発表・発売されたiPhoneの登場を契機とします。

日本でiPhoneが発売されたのは、2008年7月11日のiPhone 3Gからでした。

iPhoneの人気はすさまじく、日本での登場以降、急速にシェアを伸ばしました。


日本にスマートフォンが普及し始めた頃は、iPhoneを代表とする世界標準の端末が主流でした。

つまり、日本独自機能であるおサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、防水機能などは搭載されていなかったのです。

そのため、スマホへの乗り換えを躊躇し、様子見をするユーザーも少なくありませんでした。


このように、従来の携帯電話(ガラケー)に対する需要も根強く、携帯電話市場では、次第にスマホとガラケーはシェアを二分するようになりました。


スマホ陣営がさらにシェアを伸ばしたきっかけは、2009年7月10日、日本初のAndroid OSを搭載したHTC製スマートフォン「HT-03A」がNTTドコモから発売されたことです。


この「HT-03A」が登場した背景には、日本にスマートフォンを普及させるという意図があったようです

日本独自の機能をスマートフォンに実装させる事で、従来のガラパゴスケータイユーザーをスマートフォンに移行(機種変更)させる目的があったと言われています。


HT-03A

HTC「HT-03A」


ただし、この「HT-03A」は、発売前こそ高い注目を集めていましたが、いざ実際に発売されると、その販売は低調に終わりました。

この時点では「HT-03A」の挑戦は実を結ぶことはありませんでしたが、これを皮切りに、様々なメーカーがAndroid端末を開発し、次第にスマートフォンのシェアは伸びていきました。


情報通信端末の世帯保有率の推移

HT-03A

via:総務省「平成26年通信利用動向調査」


2013年(平成25年)には、保有率が62.6%にまで伸びていることが分かります。


このような背景から、日本の携帯電話メーカーは、日本独自のいわゆるガラパゴス機能を搭載したスマートフォン(ガラスマ)の開発を進めていきました。


代表的なガラスマ

arrows M03AQUOS LDIGNO W
arrows M03AQUOS LDIGNO W
【発売日】
2016年12月16日
【発売日】
2016年12月8日
【発売日】
2017年3月3日発売
【搭載OS】
Android6.0
【搭載OS】
Android 6.0
【搭載OS】
Android 7.0
【高さ】
約144mm
【高さ】
143mm
【高さ】
約142mm
【幅】
72mm
【幅】
71mm
【幅】
約71mm
【厚み】
7.8mm
【厚み】
8.3mm
【厚み】
約10.4mm
【重量】
約141g
【重量】
137g
【重量】
約159g
【容量】
RAM:2GB
ROM:16GB
【容量】
RAM:2GB
ROM:16GB
【容量】
RAM:2GB
ROM:16GB
【カラー】
Black
White
Pink
ChampagneGold
Green
全5色
【カラー】
シルバー
ローズゴールド
グレー
全3色
【カラー】
ブルー
ホワイト
ピンク
全3色
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

ガラホとは

ガラホとは

ガラホとは、ガラパゴスケータイとスマートフォンの中間にある、両者の特徴を併せ持った新しいモバイルガジェットのことです。

ガラケーの形状や操作方法はそのままに、スマートフォン同様の高機能性を備えた、いいとこ取りの製品です。


ガラホは、ガラケーを作る際に使用される、OSを含めたスマートフォンの技術・部品を転用して作られた端末です。

機能・仕様は従来の携帯電話(ガラケー)を踏襲しており、機能面は最低限に絞り込まれているものが多いようです。

ガラケーと同様に、折りたたみ式でテンキーや十字キーを使用することが出来ます。

そのため、操作感はほとんどガラケーと同様なので、スマホを使ったことのないガラケー利用者の方などは、違和感なく扱うことが出来ます。


ガラホのメリット

ガラケーと比較した場合、LINEやネット検索、SNSなどの機能もスマホ同様に楽しむことができる点がメリットだと言えます。

もちろん、情報量が限定されがちなケータイサイトではなく、一般的なスマホサイトやPCサイトも閲覧することが出来ます。


その他にも、タブレットやノートPC、ゲーム機などの機器をインターネットに接続させることができるテザリング機能や、外出先などでWi-Fiにつないでインターネット接続を利用することが出来ます。


また、ガラホは、スマホ最大のネックだったバッテリーの持ち時間も解消しています。

スマホと違い、端末に触れていない間は電池の消費が限りなく抑えられ、 三日程度充電しなくても使用できるなど、ガラケー以上の待ち受け時間を実現しています。


ガラホのデメリット

ただし、スマホに比べて、使用できるアプリは限定されます。

スマホの場合は、「Google Play」や「App Store」で多種多様なアプリをダウンロードすることが出来ますが、ガラホの場合は、「Google Play」のような配信サービスを利用することが出来ません。

だからと言って、ガラホではこのようなアプリを全く使用できないというわけではありません。インストールさえ出来れば使える場合が多いようです。


スマホと同じアプリを使いたい場合は、「Amazonのアプリストア」から豊富なアプリを購入することが出来ます。


利用頻度が高いことが予想される「LINEアプリ」などは、プリインストールされています。


ガラホはこんな人向け

ガラホは、ガラケーと同じ操作感を希望する人や、ほとんどアプリを使わない人、とにかく通信料を抑えたいという人には最適であると言えます。


まとめ

ガラスマとガラホの違いを簡単にまとめると以下の通りです。


種類特徴
ガラスマ見た目はスマートフォン、中身はガラパゴス機能。
ガラホ見た目はガラケー、中身はスマートフォン。

なんとなく同じような語感の言葉でも、それぞれこのような違いがあります。

どちらも日本人らしいネーミングだと言えるかもしれませんね。


ガラパゴス化した日本のスマホは、海外では多くの機能が使えないため、日本市場でしか通用しないと言われています。

そのため、生産ロットを小さくせざるをえないという事態は避けられず、製造コストが上がります。

それが商品に反映され、実際の販売価格が引き上げられるというネックが生じることになります。


また、「多機能過ぎて使いこなせない。」「メール機能と通話機能があれば良い。」などという意見も依然としてあるようです。

しかし、ガラパゴス化したスマートフォンは、日本の技術力、科学力を集結させた賜物であり、日本人に最適化された端末であることもまた事実です。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
トップへ戻る