SIMカードとは

SIMカードとは

SIMカードについて

SIMカードとは、スマートフォン、タブレット、フィーチャーフォン(ガラケー)、モバイルWi-Fiルーターなどに入っている小さなICカードのことを指します。

「SIM」という名称は、Subscriber Identity Module(加入者識別モジュール)の略称です。


このSIMカードをモバイル端末に搭載することで、LTE・3Gなどのモバイル回線を使用して、データ通信や音声通話などを行うことが可能になります。

また、SIMカードには電話番号などの契約者情報が記録されているので、利用者を特定する役割も果たしています。


もし、自分の携帯電話・スマートフォン本体が壊れてしまった場合は、別の携帯電話・スマートフォンにSIMカードを挿すことで、自分の電話番号、メールアドレスで通話やデータ通信が出来るようになります。

サイズや通信規格が合えば、1枚のSIMカードを複数の端末で共有したり、1つの端末で複数のSIMカードを差し替えて使うことも可能です。


スポンサーリンク

SIMカードの種類


現在、使用されているSIMカードには、大きい順に標準SIM(miniSIM)、microSIM、NanoSIMという3種類があります。

以前は、「フルサイズSIMカード」という最も大きなサイズのSIMカードがありましたが、現在ではほとんど見かけることはなくなりました。


ちなみに、NTTドコモが採用するW-CDMA方式に対応したSIMカードは、「UIM」「USIM」などと呼ばれています。

「UIM」とはUser Identity Moduleの略称です。「USIM」とはUniversal Subscriber Identity Module Cardの略称です。

ドコモのmicroSIMサイズのカードは「miniUIMカード」というように、呼称が異なります。

呼称の違いについては、下表にまとめています。


一般的な呼称docomoの呼称
miniSIMカードUIMカード(旧:FOMAカード)
microSIMカードminiUIMカード
nanoSIMカードnanoUIMカード

厳密には、FOMAカードとUIMカードは同一のものではありませんが、サイズ的な互換性があることから、分かりやすさを優先して、このように表記しました。


標準SIM(miniSIM)、microSIM、NanoSIMという3種類のSIMカードは、それぞれサイズが異なります。

SIMカードのサイズ
via:DTI


SIMカードを交換して使う場合は、スマホ側とサイズが合わないことがあるので、予め注意が必要です。

MVNOを利用して格安SIMカードを契約する場合は、契約時に必ずSIMカードのサイズを指定する必要があります。


もし、SIMカードのサイズを間違えて契約した場合は、携帯電話各社、格安SIMカード会社(MVNO)に交換を依頼すれば、2,000円程度で換えてもらうことが出来ます。

また、SIMカードカッターやSIMカードアダプターを使用して、スマホ側のサイズを合わせるという方法もあります。





標準SIM(miniSIM)

標準SIM(miniSIM)は、3種類のSIMカードの中で、最も大きいサイズのSIMカードです。

サイズ(高さ×横)は、25mm×15mm。


標準SIMという呼び方は、ドコモのFOMAシリーズで使われていたSIMカードがminiSIMカードだったことに由来します。以前は、「FOMAカード」の名称で一般に普及していました。

最近までは、このminiSIMカードが主流のサイズでした。


iPhoneでは、2009年に発売されたAppleのiPhone 3GSまで、このminiSIMが採用されていました。

また、2011年頃にリリースされたフィーチャーフォン、Android端末までは、このminiSIMカードが使われています。

最近では、FREETELのPriori3が採用していましたが、Priori4では、micro SIM / nano SIMを採用しています。


microSIM

microSIMは、3種類のSIMカードの中で、真ん中のサイズのSIMカードです。

最近ではminiSIMカードに代わって、最も標準的なサイズのSIMカードになりつつあります。

iPhoneでは、2011年に発売されたiPhone 4sまで、このmicroSIMカードが採用されていました。

格安スマホでも、このmicroSIMカードが幅広く採用されています。


nanoSIM

nanoSIMは、3種類のSIMカードの中で、最も小さいサイズのSIMカードです。

iPhoneでは、2012年に発売されたiPhone 5から、2016年に発売されたiPhone 7 / 7Plusに採用されています。

最新スマートフォンのハイエンドモデルなどは、nanoSIMカードに対応したものが多数発売されていることから、今後はnanoSIMが主流になるかもしれません。


SIMカード選びで迷ったらnanoSIM


SIMカードには上記で説明した3種類がありますが、各SIMカードの違いは物理的なサイズだけです。

そのため、オンラインショップやMVNOのWEBサイトなどで端末に合ったSIMカード(格安SIM)を契約し、スマホに挿入すれば、すぐに使用することが出来ます。


格安SIMの選び方と申し込み方法
格安SIMとは 格安SIMとは、MVNOと呼ばれる事業者が提供する通信サービスを受けることのできるSIMカードのことを言います。 ...

当然、端末に適した種類のSIMカードを選ぶことがベストですが、もし合うサイズが分からないという場合は、nanoSIMカードを選ぶといいかもしれません。

なぜなら、SIMカードアダプタにnanoSIMカードを載せてサイズを調節すれば、microSIMカード対応の端末でも使用することが出来るからです。



SIMカードアダプタ

機種変更をして、nanoSIMカード対応の端末に買い換えた場合は、SIMカードアダプタを外して新しい端末に挿入すれば、同じnanoSIMカードをそのまま続けて使用することが出来ます。

MVNOが提供する格安SIMであっても、音声通話対応SIMカードの場合は、乗り換え時に違約金がかかる場合があるので、そのまま同じSIMカードを使い続ければ、節約にもなります。


このように、対応するSIMカードが違うスマホに機種変更する場合を想定して、はじめからnanoSIMカードを選ぶのも一つの手だと言えます。


また、SIMカード専用ケースを持っておくと、保管や管理の面で楽になります。




MVNOによる格安SIMカードの提供で、SIMカードはますます注目を集めています。

格安SIMを使えばスマホの月額料金を半額以下に出来る場合もあるため、上手に活用していきたいところです。

費用を抑えることが出来れば、お財布にも優しいので家計も助かりますよね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
トップへ戻る