いまさら聞けない!?格安スマホとは何か?

いまさら聞けない!?格安スマホとは何か?

格安スマホについて

「最近、格安スマホという言葉をよく聞くけど、普通のスマホと何が違うの?」「料金はどれくらい安くなるの?」

このような疑問を持たれている方は、決して少なくありません。

このページでは、普通のスマホ(キャリア契約)と格安スマホの違いをはじめ、格安スマホの概要や選び方などを説明しています。

格安スマホを検討されている方は、当記事を参考にしていただけると幸いです。


スポンサーリンク

格安スマホとは何か?

格安スマホとは

格安スマホとは、呼んで字のごとく安価に持つことが出来るスマホのことを言います。

通常、スマホを持とうとした場合には、ドコモやau、ソフトバンクのショップに行って端末を購入し、通信プランなどの契約をする必要があります。

しかし、現在では、携帯キャリアで契約をしなくてもスマホを持つことが出来ます。


しかも、携帯電話キャリアで契約している普通のスマホを使用している人が、格安スマホに変えた場合、月額料金を最大で3分の1程度に減らせる可能性があります。

では、格安スマホとは、具体的にどう行ったものなのでしょうか?


低価格スマホ 格安SIM

格安スマホとは、低価格のスマホ(端末)格安SIM(通信プラン)のセットのことを言います。


低価格スマホ

低価格スマホ

低価格スマホとは、大手携帯キャリア3社が販売しているスマートフォンに比べ、端末価格が低いスマートフォンのことを言います。

低価格スマホは、通常のスマホに比べて、よく使用される機能に限定されたシンプルなものである場合が多いのが特徴です。

海外メーカーが制作している多く、コストパフォーマンスに優れ、低価格で一定のクオリティを持った端末です。


この低価格スマホは、日本固有のSIMロックされた端末とは違い、SIMフリー端末である場合が多いため、MVNO(Mobile Virtual Network Operatorの略 仮想移動体通信事業者)が提供する格安SIMを差し込むことが出来ます。

※SIMフリースマホを購入する際は、「技適マーク」の表示を確認しておきましょう。技適マークがついていないスマホなどの無線機器を使用すると電波法違反となる場合があります。

国内大手携帯キャリアやMVNOは、「技適マーク」の付いた端末を販売しています。


格安SIMカード

格安SIMカード

格安SIMカードとは、MVNO(仮想移動体通信事業者)によって提供される、音声通話機能やインターネット通信を利用することができるSIMカードです。

SIMフリーのスマートフォンに格安SIMカードをセットすることで、ドコモやAUの通信回線を利用した音声通話やデータ通信をすることが可能になります。

格安SIMカードは、大手携帯キャリア3社よりも安く、最安なものになると月額400円台から利用することが出来ます。


格安SIMの選び方と申し込み方法
格安SIMとは 格安SIMとは、MVNOと呼ばれる事業者が提供する通信サービスを受けることのできるSIMカードのことを言います。 ...

格安スマホはなぜ安いの?

格安スマホはなぜ安いの?

格安スマホは、スマートフォン本体と格安SIMを利用したデータ通信料金が安い点が特徴です。


スマホ本体が安い

格安スマホは、低価格のSIMフリースマートフォンを使用します。そのため、本体費用を安く抑えることが出来ます。

SIMフリースマホとは、docomo、au、ソフトバンクなどの大手携帯キャリアに依存せず、格安SIMを自由に挿して使用することが出来る端末のことを指します。

SIMフリースマホは、日本固有のSIMロックされた端末と異なり、全世界で使えることから、世界中のメーカーからリリースされています。


通信料金が安い

このSIMフリースマートフォンに挿入するSIMカードも、データ通信料金の抑えられた格安SIMを組み合わせることが出来ます。

この格安SIMは、docomoやau、SoftBankといった携帯大手3社のプランよりも大幅に料金が抑えられたプランが多いため、安価にスマホを持つことが可能です。


通話料金がプランに組み込まれていない

大手携帯電話キャリア3社での携帯電話の料金プランは、基本使用料 + メール・web基本使用料 + 通話料 + パケット料 + パケット割引(任意) + その他のオプションで構成されています。

大手携帯キャリアでは、割引サービスなどを利用することで、基本使用料が安くなりますが、その料金分がすでに含まれているプラン(定額課金)が多いです。

そのため、あまり通話機能を利用しない人にとっては割高になりがちです。


しかし、格安スマホは通話料金がプランに組み込まれていないため、その分、月額料金を安くすることができます。

通話料金がプランに組み込まれていないということは、従量課金なので使った分だけ課金されることになります。


格安スマホのメリット

月額料金が安くなる

前述の通り、格安スマホは月額料金が安くなります。

携帯キャリアにはない格安プランでスマホが利用できるのが1番の魅力です。


シンプルな料金体系

大手携帯電話キャリアの料金プランは、非常に複雑で分かり辛いですが、格安スマホの料金プランは非常にシンプルです。

音声通話の有無や、使用できるデータ容量、組み合わせるスマートフォン端末などによってプランが分かれており、このプランなら○○円というように分かりやすい料金体系となっています。

大手キャリアのような、ややこしい割引制度もほとんどないので、安心して利用することが出来ます。


LTE対応で高速通信も可能

格安スマホは料金が安い点が特徴ですが、LTE対応で高速通信が可能なプランが多数あります。

そのため、大手携帯キャリアから乗り換えた場合でも、同じ通信速度で利用することが出来ます。


高機能スマホを選ぶことが出来る

格安スマホと言えば、かつては低スペックスマホしかないイメージでしたが、最近では、最新OSが搭載された国内外で人気のあるハイスペックスマホを選ぶことが出来ます。

また、格安スマホ・SIMフリースマホのラインナップも増加傾向にあるため、一昔前に比べて性能やデザインの好みから自由に選べます。

豊富な選択肢から、自分に合った最適なスマホを選ぶことが出来るのは、嬉しいポイントですね。


格安スマホのデメリット

データ通信容量が少ない

大手携帯電話キャリアで契約した場合、1ヶ月のデータ通信基本容量は7GB前後が一般的ですが、格安スマホの場合は3GBが主流です。

とは言え、1GBから10GBといった大容量のものや、無制限のものまで、MVNO各社から多種多様なプランが用意されています。

ご自身の利用頻度によって最適なプランを選ぶことが出来ます。


通信速度が遅くなる場合がある

格安スマホでは、大手携帯電話キャリアで使用していたような速度で利用することは少ないのが実情です。

なぜなら、各MNVOによって回線の契約が異なることや、利用者数の増減などによって帯域の占有率が変わってくるためです。

MVNOごとに、実際の通信速度の違いが出てくるので、定期的に各社の評判をチェックして利便性の高いところを選ぶようにするようにしましょう。


大手携帯キャリア3社のメールアドレスが使えない

格安スマホに乗り換えると、今まで使用していた「○○○@docomo.co.jp」「△△△@ezweb.ne.jp」「□□□@softbank.ne.jp」などの携帯大手3社が提供しているメールアドレス(キャリアメール)を使うことは出来なくなります。

格安スマホに乗り換えた後も、キャリアメールを使用する場合は、キャリア契約を残すことで対応可能です。

ただし、長い目で見た場合は、現在のバックアップデータを取って、Gmailなどのフリーメールに移行させる方が効率的です。


また、SMS(ショートメッセージサービス)に対応する端末に限り、オプションでSMSの送受信サービスを付けることが可能です。


携帯ショップが少ない

格安スマホの場合は、大手携帯キャリアのように、全国各地に携帯ショップがあるわけではありません。

ショップがある場合でも、東京や大阪などの都市部を中心に「MVNOショップ」が設置されているのみなので、地方に住んでいる人には利便性が低いのが実情です。

店頭での相談やサポートを受けることが難しいため、相談やサポートに関しては電話やメールが中心となります。


キャリア決済が利用できない

キャリア決済とは、様々なサービスの支払いを、キャリアの月額料金とまとめて支払うことが出来る決済サービスの総称です。

キャリア決済は、各キャリアの管理画面上でID、パスワード、暗証番号を入力するだけで簡単に支払いをすることが出来ます。

例えば、「Google Play」のアプリ課金などはキャリア決済を通して行うと、非常に便利ですが、格安スマホではこのサービスを利用することは出来ません。


家族割の無料通話がない

大手携帯電話キャリア3社では、「家族割り」などで家族間通話が無料になることもありますが、格安スマホには、このようなプラン・サービスはありません。

しかし、格安スマホでも、LINEやSkypeなどの無料通話アプリを利用することで、通話料金を安くすることが出来ます。

ただし、無料通話アプリは、通話料がかかることはありませんが、IP電話を使った通話サービスは、データ通信量が必要になるため、契約した容量プランを超えないよう気をつけながら利用する必要があります。


格安スマホの選び方

格安スマホの選び方

格安スマホとは、低価格のSIMフリースマートフォンと、格安SIMのセットのことを言います。

この格安スマホの料金の差は、「スマホ端末」「データ量」「通信速度」の3つに大別されます。


低価格のSIMフリー
スマートフォン
スマホ端末
格安SIMデータ量
通信速度

スマホ端末は、主にスペックによって価格に差が出てきます。

データ量は、使用できるデータ量が大きいほど料金が高くなる傾向があります。

通信速度もまた、速度が速いほど料金が高くなる傾向があります。


ここでは、スマホ端末の選び方について解説していきます。


「格安スマホ」端末の選び方

「格安スマホ」端末の選び方

デザイン、カラー

スマホは、いつも携帯し、毎日使用するものなので、自分の好みに合ったデザインやカラーの端末を選ぶことは当然でしょう。

ただし、実際にスマホを利用する際は、スマホケースやスマホカバーを装着することになるので、見た目を重視する場合は、ケースやカバー選びの方が重要になるかもしれません。


画面サイズ

一昔前は、画面サイズは4インチのものが主流でしたが、現在は画面サイズが大きくなっている傾向があります。

最近では、5インチ前後の端末が、スマホの標準的なサイズだと言えます。

5.5インチを超える端末は、大きめなサイズになります。

サイズが大きめなスマホは、ハイエンドモデルである場合が多く、高いスペックを持ちますが、実際には片手で持つのは難しいため、単純に「大は小を兼ねる」と言い切ることは難しいかもしれません。


明確な定義はありませんが、一般的に、5.5インチから7インチまでの端末をファブレット(Phablet)と言います。

ファブレットは、「Phone」と「Tablet」とを合わせた造語です。


CPU

PCと同様に、CPUが端末性能の鍵を握っています。CPUは、全体の処理や計算を行う、頭脳と言える部分です。

このCPCの性能の良し悪しが、スマホの性能に直結すると言っても過言ではありません。

基本的には、CPUが優秀であればあるほど、データ処理が高速に行えるので、動作が快適になります。

CPUの性能を決定付けるのは、主にコア数クロック周波数と呼ばれる2つの数値です。

もちろん、双方の値が高いほど性能が良いことを意味します。


メインメモリ、容量

メインメモリのことはRAM、容量のことはROMと言います。

プロセッサ(CPU)が処理するデータを、必要に応じてROMからRAMに移すという役割を持ちます。


メインメモリは、データを一時的に置いておく場所として「処理できる量がどれだけあるか」を表しています。「主記憶装置」と表記される場合があります。

容量は「どれだけのデータを保存できるか」を表しています。「補助記憶装置/ストレージ」と呼ばれるものに該当します。

この2つの数値が大きいほど、サクサクと快適にスマホを利用することが出来ます。


その他機能

耐水・防水機能やワンセグ機能、おサイフケータイ、4K撮影対応、ハイレゾ音楽対応など、自分にとって必要な機能を備えた端末を選ぶようにしましょう。

コストパフォーマンスに優れる海外メーカーが製造するSIMフリースマホは、ワンセグ機能やおサイフケータイに対応していない場合が多いようです。

自分に必要な機能を取捨選択することで、費用を抑えたスマホ選びが可能になります。



格安スマホ(SIMフリースマホ + 格安SIM)プランの選び方
格安スマホについて 格安スマホとは、低価格なスマホ単体を指す場合と、SIMフリースマホと格安SIMをセットにした料金プランを指す場...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
トップへ戻る