mineo(マイネオ)の格安スマホ・格安SIMプラン詳細と口コミ・評判

マイネオ 格安SIM

mineo(マイネオ)は

mineo(マイネオ)は、光回線の「eo光」などを展開している関西電力系列の電気通信事業者である株式会社ケイ・オプティコムが運営する、格安SIMを提供するMVNOです。

マイネオは、ドコモ、KDDI(au)だけでなく、ソフトバンクの回線網を借り受けて提供している数少ないMVNOとして有名です。

au、docomo、ソフトバンクの通信回線に対応している、いわゆるマルチキャリアMVNOです。

そのため、家族間で異なるキャリア端末を持っている場合でも、新しい端末を購入することなく、そのまま今のスマホで格安SIMに乗り換えることができます。


データ容量を家族で共有できる「パケットシェア」、最大5回線まで誰とでもデータ容量を送り合える「パケットギフト」などのサービス面が充実しており、「複数回線割」「家族割」などの割引も嬉しい特徴の一つです。

また、株式会社ケイ・オプティコムが提供するIP電話アプリ「LaLa Call」を利用すれば、基本料無料になるなど、多くのメリットがあります。



マイネオの特徴

マイネオなら2年縛りがないのでいつでも解約できる!

大手携帯電話会社の場合は、2年縛りがあり、解約精算金が発生します。

しかし、mineoは2年以内に解約しても解約精算金がないので、気軽に乗り換えることが可能です。


マイネオなら料金は、いつまでも安いまま!

他社サービスでは、1年後や2年後に月額料金が高くなる場合があります。

mineoなら、年数が経ってもずっと同じ料金なので、スマホを安いまま持ち続けることができます。


マイネオならお手持ちのスマホそのままで安くなる!

現在使用しているスマホを維持しながら、料金だけを安くすることが可能です。通話SIMの場合は、月額1,310円から利用できます。

大手携帯電話会社に乗り換えるときには、一緒に端末も買い換える必要がありますが、mineoならドコモ/au回線に対応しているので、今のスマホを持ったまま月額料金だけが安くなります。

ソフトバンク端末の場合でも、SIMロックを解除することで利用可能です。


動作確認端末の数は、MVNOの中でも最多の400台以上なので、利用できないケースの方が少ないのかもしれません。


また、2016年12月から、持込み端末安心保証サービスを開始しています。

このサービスを利用すれば、月額料金500円で落下や水没による端末の修理交換用端末の提供を年に2回まで行ってくれます。


マイネオならパケットをみんなで貯めて使えて助け合える!

他社のmvnoであれば、通信量がオーバーした場合は追加でチャージをする必要がありますが、mineoの場合は、パケットをみんなで貯めて使えるので、助け合うことができます。

mineoユーザーみんなのパケット貯蔵庫「フリータンク」を利用すれば、余ったパケットを貯めて使えるので、通信量がオーバーしても安心です。


マイネオ同士ならパケットは誰とでも分け合える!

通常、他社サービスでは、パケットを分け合えるのは家族だけですが、mineoの場合は、mineoユーザー同士であれば、誰とでもパケットを分け合うことができる画期的なサービスがあります。

パケットシェアの仕組みが充実している点は、他社にはない独自の強みであると言えます。


mineo全ユーザーで共有することが出来る「フリータンク」を活用すれば、ユーザーはそのタンクに自分のデータ通信量を出し入れすることができます。

もし、通信量が余った時は、フリータンクにパケットを寄付(10GBまで/月)することができます。逆に使いすぎてデータ量が足りないと言うときは、パケットを引き出して(1GBまで/月2回)使うことができます。


mineoなら加入後もコミュニティサイトで助けてくれる!おトクな情報も!

マイネオには、コミュニティサイト「マイネ王」があります。

加入後もコミュニティサイトで助けてくれるので、分からないことがあっても質問をすれば、ユーザーやスタッフが答えてくれるから安心です。

さらに、おトクな情報や他所では聞けない裏情報を聞けるかもしれません。


また、「マイネ王」には、ブログ記事を投稿できる機能もあります。

自分が良いと思った記事や回答に「ありがとう!」をすれば、そのユーザーに対して10MBのデータ通信量を渡すことができます。


アプリで高速・低速のON/OFFができる

mineoでは、専用アプリ「mineoスイッチ」で簡単にデータ通信速度を切り替えることができます。

アプリ上で「節約ON」にすると最大通信速度は200Kbpsとなります。

これにより、通信速度は遅くなりますが、データ通信量の消費を抑えることができます。

通信は低速ではあるものの、LINEやWebサイト(テキストメイン)の閲覧に関しては、問題なく利用することが可能です。


公式サイト:mineo


マイネオの料金

初期費用

契約事務手数料3,240円(税込)

料金プラン

データ通信のみ(シングルタイプ)
データ容量ドコモプラン(Dプラン)auプラン(Aプラン)ソフトバンクプラン(Sプラン)
500MB700円700円790円
3GB900円900円990円
6GB1,580円1,580円1,670円
10GB2,520円2,520円2,610円
20GB3,980円3,980円4,070円
30GB5,900円5,900円5,990円
データ通信+090音声通話(デュアルタイプ)
データ容量ドコモプラン(Dプラン)auプラン(Aプラン)ソフトバンクプラン(Sプラン)
500MB1,400円1,310円1,750円
3GB1,600円1,510円1,950円
6GB2,280円2,190円2,630円
10GB3,220円3,130円3,570円
20GB4,680円4,590円5,030円
30GB6,600円6,510円6,950円

表内は全て税抜表示です。


ドコモプランとauプランの違いとしては、デュアルタイプ(データ通信+090音声通話)の場合、月額料金がauプランの方が安い点です。

auプランは、SMS機能などの機能が付帯されていますが、ドコモプランは、オプションとなっています。


ただし、auプランは、3Gのみの提供エリアではデータ通信不可となります。



プレミアムコース

マイネオでは、ドコモプラン/auプランそれぞれ50名限定でプレミアムコースの応募を開始しました。応募期間は、2017年2月1日~2月12日です。

プレミアムコースは、応募した後、抽選により当選通知が送られた方のみ変更が可能です。


mineo マイネオ プレミアムコース

プレミアムコースは、通常とは別の専用帯域を設けて常に快適な通信環境を提供するサービスです。

昼休みや通勤時などアクセスが集中する時間帯には、通信が混雑してしまう場合がありますが、プレミアムコースなら専用帯域を設けているため、混雑時でもスムーズに通信ができます。

ちなみに、プレミアムコース専用帯域が通常の通信帯域を圧迫することはないそうです。


利用料金月額料金 + 800円

月額料金に800円をプラスするだけで、プレミアムコースを利用できます。

プレミアムコースについては、5GB、10GBでの申し込みが対象となります。


また、プレミアムコースへの応募は、mineoコミュニティサイト「マイネ王」へ登録後(無料)、応募記事へのコメントが必要です。

既に応募は締め切られていますが、プレミアムコースへの加入を検討されている方は、次の応募時にスムーズな手続きが出来るように、事前に登録しておくことをおすすめします。


容量追加(チャージ)

パケットチャージ150円/100MB

追加した容量の有効期限は、翌月末までです。

一度に購入できるのは10口までです。


SMSオプション

ドコモプラン(Dプラン)auプラン(Aプラン)ソフトバンクプラン(Sプラン)
シングルタイプ
( データ通信のみ )
120円無料無料
デュアルタイプ
( データ通信+090音声通話 )
無料無料無料

オプションサービス

オプション名月額料金内容
端末安心保証サービス370円落下や水没などによる端末の故障時に、交換用端末(原則、同一機種・同一色)をお届けするサービスです。
端末安心保証サービスは、mineo端末購入時の申しむことができます。
安心バックアップ500円落下や水没による故障といった、万が一のトラブル時に故障端末の修理や交換用端末の提供を行うサービスです。
端末安心保証サービス500円写真・音楽・電話帳などの大切なデータを、保護された安全なインターネット上に保管できるサービスです。
容量無制限・全自動で保管できるから安心です。
ウイルスバスター モバイル
月額版
270円安心してAndroid™端末を使いたい方に向けたオプションです。
不正アプリ対策、Web脅威対策、迷惑SMSや迷惑着信対策などの総合的なセキュリティー対策を行います。
安心フィルタリング350円Webページやアプリへのアクセスを制限したり、利用状況の確認などができるサービスです。
出会い系サイトによる犯罪や有料サイトからの高額請求など、スマホに潜む危険からお子さまを守ります。
メールウイルスチェック200円あなたのメールボックスへウイルスメールが届く前にメールサーバーでチェックを行い、ウイルスに侵されている添付ファイルを検知・削除します。
ドメイン名が@mineo.jpのメールが対象です。
スマホ操作アシスト500円オペレーターがお客さまの端末画面を見ながら、スマホ操作に関するさまざまなお悩みをサポートするサービスです。
メール設定やデータバックアップ方法などを年中無休(9:00~21:00)でサポートしてくれます。
mineo安心パック2550円端末安心保証サービスとウイルスバスター モバイル 月額版がセットになったおトクなパックです。
LaLa Call(ララコール)100円090音声通話※よりも通話料が安く、LaLa Call同士なら通話料がいつでも無料で利用できます。
また、mineoで利用する場合は、データ容量が消費されません。
※090音声通話とは、090/080/070で始まる電話番号での音声通話です。

通話料

ドコモプラン
(Dプラン)
auプラン
(Aプラン)
ソフトバンクプラン
(Sプラン)
通話料国内通話20円/30秒20円/30秒20円/30秒
通話定額30通話時間通常料金通話時間通常料金通話時間通常料金
30分840円30分840円30分840円
通話定額60通話時間通常料金通話時間通常料金通話時間通常料金
60分1,680円60分1,680円60分1,680円

表内は全て税抜表示です。


通信制限

mineo Dプランでは、通信制限はありません。つまり、契約しているデータ容量を使っても速度制限がかけられることはないということです。

mineo Aプランについても、通信制限はありません。ただし、短期間に容量を使い過ぎた場合(3日間で6GBが目安)は、回線を借り受けているauから通信制限をかけられる場合があるようです。

つまり、3日間で6GBを超えた場合は、事実上の通信制限が適用されることになります。


最低利用期間と解約手数料

mineoでは、最低利用期間を設定していません。

そのため、解約手数料が発生することはありません。


ただし、音声通話機能付きのプランでは、MNP転出手数料が発生します。


MNP転出手数料

利用開始月の翌月から12カ月以内に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転出する場合は、MNP転出手数料12,420円(税込)が必要になります。

13カ月目以降は、MNP転出手数料が2,160円(税込)となります。


料金について詳しくは、「mineo」の公式サイトからご確認下さい。

公式サイト:mineo


データ繰越

余ったデータ容量は翌月に自動で繰り越されます。

繰り越したデータ容量の有効期限は翌月までです。


繰り越したデータから使用して行き、繰越分が終了した場合は、当月分のデータが消費されます。

また、家族の繰り越した分を「パケットシェア」で分け合うこともできます。


パケットシェア

マイネオでは、当月中に使いきれなかった基本データ容量やパケットチャージ容量等は翌月に繰り越されますが、パケットシェアは、その繰り越されたパケットを、最大5回線(リーダー(代表者)回線含む)までシェアすることができる無料オプションサービスです。


繰り越したパケットは、優先的に消費されます。翌月中にも消費されない繰り越し分のパケットは、翌々月以降は消滅します。

パケットシェアを利用するには、メンバー登録が必要となります。


マイネオの割引サービス

家族割

-50円/月・回線


家族割は、家族で契約した場合に、各回線の月額料金から50円割り引きが適用されます。

住所が同一の家族だけでなく、離れて暮らす家族や姓が異なる家族でも割引可能です。


【適用条件】

  • 割引回線は主回線を含め、最大5回線までです。
  • 主回線者から3親等以内の方が家族割の適用範囲です。
  • 家族割適用には、マイページからのお申し込みが必要です。住所や姓が異なる場合は、家族であることを証明する書類(運転免許証など)のアップロードが必要です。
  • お申し込みを承諾した月の翌月から適用されます。
  • 同一回線での複数回線割との併用はできません。
  • プラン変更およびタイプ変更に伴うサービス停止期間も、割引は適用されます。
  • 解約日の属する月まで割引となります。ただし、割引額が当月の月額基本料金を上回った場合は、当月の月額基本料金を上回る割引は実施されません。
  • 主回線を解約すると、家族割も解約となります。

複数回線割

-50円/月・回線


一人で複数回線を契約した場合に、各回線の月額料金から50円割り引きが適用されます。


【適用条件】

  • 割引回線は最大5回線までです。
  • 自動適用されるので、お申し込みは不要です。
  • 利用開始日の属する翌月から適用されます。
  • 同一回線での家族割との併用はできません。
  • プラン変更およびタイプ変更に伴うサービス停止期間も、割引は適用されます。
  • 解約日の属する月まで割引となります。ただし、割引額が当月の月額基本料金を上回った場合は、当月の月額基本料金を上回る割引は実施されません。
  • 解約に伴い、単独回線となった場合は、割引が自動的に適用除外となります。

申し込みの流れ

マイネオへの申し込みは、WEBサイトおよび、店舗から行うことが出来ます。

ここでは、WEBサイトからの申し込み方法を説明しています。


データSIM 申し込みの流れ

お申し込みに必要なもの

本人名義のクレジットカード


SIMカード種別の確認

端末により利用できるSIMカードの種別が異なります。

動作確認端末一覧から、あなたの端末で利用できるSIMカードの種別を確認しておいて下さい。



STEP2 申し込みに必要なものを準備

シングルタイプ (データ通信)を申し込む場合は、本人名義のクレジットカードが必要になります。



STEP3 申し込み手続き

マイネオのWEBサイトから申し込みをします。パソコン、スマートフォンのどちらからでも可能です。



STEP4 SIMカード到着

申し込みから1週間程度で宅配便にて届けられます。

シングルタイプでSIMカードのみを購入した場合は、普通郵便で到着します。



STEP5 初期設定

①SIMカードの取り付け

SIMカードを利用する端末に取り付けます。


②ネットワーク設定

データ通信を行うための設定を行います。

一部のmineo端末を利用する場合は不要です。



>> 利用開始 <<


通話SIM(MNPあり) 申し込みの流れ

お申し込みに必要なもの

本人名義のクレジットカード


本人確認書類

通話SIMカードを契約するには、本人確認用に公的書類の提出が必要です。


MNP予約番号 ※通話SIM(MNP)のみ

他社から乗り換える場合は、MNP予約番号を用意して下さい。


SIMカード種別の確認

端末により利用できるSIMカードの種別が異なります。

動作確認端末一覧から、あなたの端末で利用できるSIMカードの種別を確認しておいて下さい。



STEP2 申し込みに必要なものを準備

デュアルタイプを申し込む場合は、本人名義のクレジットカードと本人確認書が必要になります。

また、MNP(ナンバーポータビリティ)を行う場合は、MNP予約番号が必要です。


申し込む際のMNP予約番号は、有効期限が10日以上残っている状態である必要があります。

現在使用している携帯電話会社の契約名義とmineoのお申し込み者の氏名が同一であることが必要です。



STEP3 申し込み手続き

マイネオのWEBサイトから申し込みをします。パソコン、スマートフォンのどちらからでも可能です。

通話SIM(デュアルタイプ)を申し込む場合は、「本人確認書類」の写し(写真データ)のアップロードが必要となります。



STEP4 SIMカード到着

申し込みから1週間程度で宅配便にて届けられます。



STEP5 初期設定

①SIMカードの取り付け

SIMカードを利用する端末に取り付けます。


②MNP転入切替

Web(マイページ)上からMNP転入切替を行う必要があります。

手続き完了後、ドコモプランは1時間程度、auプランは30分程度で回線が切り替わります。

回線切替が完了するまで、転出元の回線は利用可能です。


③ネットワーク設定

データ通信を行うための設定を行います。

一部のmineo端末を利用する場合は不要です。



>> 利用開始 <<


申し込みの流れについて詳しくは、「mineo」の公式サイトからご確認下さい。

公式サイト:mineo


マイネオの格安スマホ一覧

マイネオでは、ドコモ・au両プランで使える高機能マルチキャリア端末がラインアップされているのが特徴です。


ドコモプラン (Dプラン)
機種名一括払い分割払いマルチキャリア
AQUOS sense pluse SH-M0743,200円1,800円/月×24カ月
ZenFone 552,800円2,200円/月×24カ月
HUAWEI P2065,400円2,725円/月×24カ月
HUAWEI P20 lite29,400円1,225円/月×24カ月
ZenFone 552,800円2,200円/月×24カ月
iPhone 6s 64GBゴールド59,400円2,475円/月×24カ月
iPhone 7在庫なし(2018/09 時点)
iPhone 7 Plus在庫なし(2018/09 時点)
AQUOS sense lite67,800円2,825円/月×24カ月
HUAWEI nova lite 222,800円950円/月×24カ月
AQUOS R compact33,000円1,375円/月×24カ月
ZenFone 4 Max19,800円825円/月×24カ月
ZenFone 456,400円2,350円/月×24カ月
ZenFone 4 Selfie Pro42,600円1,775円/月×24カ月
DIGNO V28,800円1,200円/月×24カ月×
ZenFone Live 18,000円750円/月×24カ月
arrows M0431,800円1,325円/月×24カ月
HUAWEI P1059,400円2,475円/月×24カ月
HUAWEI nova37,800円1,575円/月×24カ月
ZenFone 339,600円1,650円/月×24カ月
ZenFone 3 Laser27,600円1,150円/月×24カ月
ZenFone Go19,800円825円/月×24カ月
HUAWEI P9 lite24,000円1,000円/月×24カ月×
arrows M0331,800円1,325円/月×24カ月
arrows M0224,000円1,000円/月×24カ月
auプラン(Aプラン)
AQUOS sense pluse SH-M0743,200円1,800円/月×24カ月
HUAWEI P20 lite29,400円1,225円/月×24カ月
ZenFone 552,800円2,200円/月×24カ月
ZenFone 4 Max19,800円825円/月×24カ月
AQUOS sense lite67,800円2,825円/月×24カ月
ZenFone Live 18,000円750円/月×24カ月
arrows M0431,800円1,325円/月×24カ月
HUAWEI P1059,400円2,475円/月×24カ月
HUAWEI nova37,800円1,575円/月×24カ月
ZenFone 339,600円1,650円/月×24カ月
ZenFone 3 Laser27,600円1,150円/月×24カ月
ZenFone Go19,800円825円/月×24カ月
arrows M0331,800円1,325円/月×24カ月
arrows M0224,000円1,000円/月×24カ月
ソフトバンクプラン(Sプラン)
AQUOS sense pluse SH-M0743,200円1,800円/月×24カ月
ZenFone 552,800円2,200円/月×24カ月
HUAWEI P20 lite29,400円1,225円/月×24カ月
ZenFone 4 Max19,800円825円/月×24カ月
HUAWEI nova lite 222,800円950円/月×24カ月

表内は全て税抜表示です。


マルチキャリアとは、2つの大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)の回線に対応したSIMのことを言います。

マイネオでは、ドコモプラン(Dプラン) 、auプラン(Aプラン)、ソフトバンクプラン(Sプラン)のいずれかを選ぶことができます。


キャンペーン

祝トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン

ソフトバンク回線が加わり3キャリア対応になったことを記念して、キャンペーン期間中にauプランまたはドコモプラン、ソフトバンクプランのデュアルタイプ※に新規で申し込むと、6カ月間333円(税抜)/月〜で利用できます。

※ デュアルタイプ(データ通信+音声通話)を申し込まれた方のみ、キャンペーンの対象となります。


基本データ容量デュアルタイプ月額料金デュアルタイプキャンペーン適用
(6カ月間)
500MB1,750円333円
3GB1,950円533円
6GB2,630円1,213円
10GB3,570円2,153円
20GB5,030円3,613円
30GB6,950円5,533円

キャンペーン期間:2018年7月24日(火)~2018年11月6日(火)


人気オプション 最大3カ月無料キャンペーン

mineoでんわ 10分かけ放題、ウイルスバスター モバイル 月額版、端末安心保証サービス、mineo安心パック2の人気オプションが最大3カ月無料! 。


キャンペーン期間:2018/8/1(水)~2018/11/6(火)


mineo 紹介キャンペーン

家族や友人に「mineo」を紹介した方と新規の契約者それぞれに、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントしてくれるキャンペーンです。


キャンペーン期間:2018/8/1(水)~2018/11/6(火)



キャンペーンの詳細は、「mineo」の公式サイトからご確認下さい。

公式サイト:mineo


マイネオ ネットでの評判

mineoに関するネットでの口コミレビューを紹介しています。



総評


点数備考
料金4平均よりやや安い。
通信速度4au回線は速いことに定評あるが、UQにはやや劣る。
混雑する時間帯には、月額料金+800円でプレミアムコースに加入する方法がある。
サービス5データ容量を家族で共有できる「パケットシェア」、誰とでもデータ容量を送り合える「パケットギフト」をはじめ、多彩なオプションや、プレゼント&割引サービスを提供。
プラン4ドコモ回線の「Dタイプ」とau回線の「Aタイプ」、ソフトバンク回線の「Sタイプ」の3種類から選べる、シンプルで分かりやすいプラン設定が特徴。
支払い方法4基本的にクレジットカードのみ対応。
eo光ネットを利用中の方で、支払い方法を預金口座振替に選択している場合は、口座振替での支払い可能。

評価 :

mineoは、ドコモ回線とau回線という2つの回線に対応しているマルチキャリアMVNOです。

ほとんどのMVNOがドコモ回線のみを提供している中で、au回線を提供する数少ないMVNOとして有名です。そのため、auユーザーの方にとっては貴重なMVNOだと言えます。

また、mineoのソフトバンク回線「Sプラン」が2018年9月4日に提供開始されました。


前述の通り、mineoはマルチキャリアMVNOのため、ドコモ回線を利用したDプランか、au回線を利用したAプランのいずれかを選ぶことになります。

プランは、データ通信のみ(シングルタイプ)か、データ通信+090音声通話(デュアルタイプ)の2つのタイプがあり、それぞれデータ容量500MB、1GB、3GB、5GB、10GBの5種類から選べます。


mineoの強みは、mineoユーザー同士でパケットを分け合えるパケットシェアという独自システムを採用していることと、「マイネ王」というコミュニティサイトの存在です。

また、割引キャンペーンや紹介キャンペーンなどのサービスが充実していることも大きなメリットの一つです。


そして、忘れてはならないのが、他のMVNOに比べて通信制限が緩い点です。

ドコモプラン(Dプラン)に関しては制限はありません。auプラン(Aプラン)についても、公式見解では制限ないということになっています。

しかし、実際には3日間で6GBを超えた場合は、通信制限の対象になるようです。それでも他社に比べれば、その条件は緩いと言えます。


注意すべき点としては、au系格安SIMであれば、通信速度に関してはUQ mobileの方が評判が良いことです。

マイネオとUQ mobileを比較する場合は、通信速度を重視するか、サービス面を重視するかで、最終的な判断は変わってくると言えます。


マイネオはサービス内容、マルチキャリアで選ぶ方に、おすすめしたい格安SIMの一つです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
15万円以上
トップへ戻る