Android One S2 の評判・スペック・発売日・価格情報

京セラ
Lenovo Android One S2
Android One S2

【カラー】 レッド ネイビー ホワイト 全3色



Android One S2の概要

ソフトバンクは、2月下旬以降発売としていた、ワイモバイルブランドのAndroid Oneスマートフォン「S2」(京セラ製)を3月3日より予約受け付けを開始し、3月10日より発売します。


常に最新のOSとセキュリティー機能がアップデートされるため、安心して利用可能。

常に最新のAndroidを利用できるほか、最新のセキュリティー機能が自動アップデートで毎月提供されるため、セキュリティー面の心配をせずに安心して利用することが可能です。


防水・防じんに対応し、耐衝撃性能を備えたスマートフォン。

米国国防総省基準MIL-STD-810Gにおける規格に準拠した耐衝撃性能を備え、防水(IPX5/IPX7)、防じん(IP5X)にも対応しています。

突然の雨でぬれたり、胸のポケットやバッグから不意に落としたりしても安心して利用できます。

また、ぬれた手や手袋を着けた手でも操作ができるタッチパネルディスプレーを搭載したほか、赤外線などの便利な機能が充実しています。



スポンサーリンク

Android One S2のスペック

Android One S2のスペック

基本
サイズ(高さ×幅×厚さ)約143mm×約72mm×約10.6mm
質量約142g
電池容量2,300mAh
CPU MSM8917 1.4GHz(クアッドコア)
SIM Cards
搭載OSAndroid 7.0
発売日2017年3月10日発売
ディスプレイ
ディスプレイ種類TFT液晶
サイズ5.0インチ
解像度(ドット数)1,280×720(HD)
解像度
縦横比16:9
表示色数
OS/メモリ
外部メモリmicroSD™・microSDHC™・microSDXC™ / 最大256GB
内蔵メモリRAM2GB
ROM16GB(約8.8GB)
カメラ性能
メインカメラ静止画約1,300万画素
4,160×3,120ドット
動画撮影1,920×1,080ドット
フロントカメラ静止画約200万画素
動画撮影-
通信
通信方式FDD-LTE / AXGP / 3G
「4G」[FDD-LTE]下り最大112.5Mbps / 上り最大37.5Mbps
[AXGP]下り最大110Mbps / 上り最大10Mbps
「3G」下り最大21Mbps / 上り最大5.7Mbps
無線LANIEEE802.11 b/g/n
Bluetooth4.2
その他
ワンセグ/フルセグ×/×
おサイフケータイ×
赤外線通信
防水対応
防塵対応
VoLTE対応
テザリング対応
バッテリー駆動時間連続待受時間約750時間(3G)/約620時間(4G)/約660時間(4G LTE)/約750時間(GSM)
連続通話時間約1,320分(3G)/約1,300分(4G LTE)/約630分(GSM)
電池持ち時間-

S2の実質負担金

「S2」の本体価格は、46,100円(税抜)です。

「S2」の販売価格については下記内容をご参照下さい。


分割購入の場合は、頭金が500円で、1,900円×24カ月の支払いとなります。

プランSの契約者は1,400円割引され実質負担額が月500円になります。

プランM/Lの契約者は1,900円割引され実質負担額が0円となります。

Y!mobileのオンラインストアでは、端末価格30,000円(一括購入)で販売されます。


上記の価格は2017年3月現在のものです。

料金について詳しくは、格安スマホを提供する各サイトでご確認下さい。


Android One S2ネットでの評判・レビュー

Android One S2ネットに関するネット上でのユーザーからの口コミレビューを紹介しています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
トップへ戻る