格安SIMの選び方と申し込み方法

格安SIMの選び方と申し込み方法

格安SIMとは

格安SIMとは、MVNOと呼ばれる事業者が提供する通信サービスを受けることのできるSIMカードのことを言います。

あるいは、それを用いて費用を格安に抑えたスマートフォンなどのモバイルサービスのことを指す場合もあります。


格安SIMという名前が示す通り、docomoやau、ソフトバンクのような大手携帯電話キャリアよりも、安価にインターネットや音声通話機能が利用できるサービスです。


スポンサーリンク

MVNOとは

MVNOとは

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)とは、日本語で仮想移動体通信事業者と言います。

MVNOと呼ばれる会社やブランドには、「IIJmio」「楽天モバイル」「mineo(マイネオ)」「U-mobile(ユーモバイル)」「NifMo(ニフモ)」「nuroモバイル」「UQモバイル」「LINEモバイル」「DMMモバイル」などがあります。

利用者の多くが、大手携帯キャリアとの契約よりも割安なモバイル通信サービスが目的の場合が多いため、MVNOという言葉自体が「格安SIM」という意味合いで利用されることもあります。


MVNOの対義語にMNO(Mobile Network Operator)という言葉があります。日本語では移動体通信事業者と言います。

docomoやau、ソフトバンクなどの大手携帯電話キャリアと呼ばれるような企業がMNOです。


MVNOは、携帯電話回線などの無線通信基盤をdocomoやKDDIといった通信事業者から借り受け、独自のサービスを加えて提供しています。


無線通信で利用できる電波の帯域には限りがあります。

そのため、無線通信サービスの免許を受けることができるのは数社に限られます。

一方、MVNOは、その許認可を受けた通信事業者の設備を利用しているため、総務省から電気通信事業者の免許を受けていない企業であっても参入することが出来ます。


現在では、インターネットサービスプロバイダやパソコンメーカーなどを中心に事業展開を行っています。


格安SIMを選ぶ前に知っておきたいMNO・MVNO・MVNEの違い
格安SIM業界の構造 2015年5月1日のsimロック解除が義務化されたことにより、日本でもSIMフリーが一般的になりました。 ...

格安SIMはなぜ安いの?

格安SIM

格安SIMが大手携帯キャリアに比べて安いのは、大きく分けて以下の3つの理由があります。


  • 大手通信事業者から回線を借りている
  • 最低限のサポート
  • 通信量、通信速度の制限

いまさら聞けない!?格安スマホとは何か?
格安スマホについて 「最近、格安スマホという言葉をよく聞くけど、普通のスマホと何が違うの?」「料金はどれくらい安くなるの?」 こ...

大手通信事業者から回線を借りている

格安SIMカードを提供するMVNOは、docomoやKDDIなどの大手携帯電話会社から回線を借り受けて、インターネット接続サービスを行っています。

そのため、基地局を開設・整備したり、通信設備の増強・補修をするコストが必要ありません。


MVNOは、docomoやKDDIなどの通信事業者に対して、借り受けた回線のレンタル料が発生します。

しかし、自社で基地局にかかるコストを負担する必要がないので、従来の大手通信事業者に比べて低額な料金で商品を提供することが出来るのです。


最低限のサポート

大手携帯電話会社は、全国各地にショップを構えて、契約やプラン変更などの受け付け業務を行っています。

それだけでなく、購入した端末の初期設定から、故障時の対応までを行うサポートサービスも充実しています。


しかし、格安SIMを提供するMVNOは、自ら店舗を構えて営業をすることは稀です。

イオンモバイル、FREETEL SIM、mineo、U-mobile、楽天モバイルなどのMVNOは、自社店舗を用意していますが、基本的には都市部を中心としており、店舗数も多くはありません。

また、MVNOの直営店舗でのサポートサービスは、SIMカード購入時に必要なAPN設定(データ通信を行うための設定)のみと限られています。


サービスによっては、音声通話がサポートされない場合もあります。

このように、サービス面における様々なコスト(店舗費用や人件費など)を削減しているので、安価に商品を提供しています。


通信量、通信速度の制限

多くの格安SIMは、データ通信量の制限が厳しく上限が定められています。

つまり、データ通信量や通信速度を制限しているため、安い料金設定を実現出来ているのです。

しかしながら、大手携帯電話会社から借り受けている帯域の幅が少ないため、時間帯によっては速度が遅くなる傾向があります。

格安SIMには、通信速度がLTEと同等の速度で、通信量も無制限というタイプもありますが、速度制限がかかっていないだけで、実際の通信速度は決して速くはありません。


このように、格安スマホを構成する要素の一つである格安SIMカードは、安価に利用することが出来ますが、デメリットもあることを理解しておきましょう。

また、サービス内容は事業者やプランによって異なります。

そのため、料金とデータ速度/容量、機能などを十分考慮した上で、自分に合った格安スマホ・格安SIMを選ぶようにしましょう。


格安SIMの種類

格安SIMの種類

格安SIMには、インターネットと電話通話が出来る音声通話SIMと、ネットのみ使えるデータ通信SIM、ショートメール機能が付いたデータ通信SIM+SMSの3種類があります。


SIMカードとは
SIMカードについて SIMカードとは、スマートフォン、タブレット、フィーチャーフォン(ガラケー)、モバイルWi-Fiルーターなど...

音声通話SIM

音声通話SIMの場合は、スマートフォンで通話とネットを利用することが出来ます。

各MVNOが提供する、ほとんどのプランがMNPに対応しているため、現在利用している電話番号をそのまま引き継ぐことが可能です。

音声通話SIMは、電話とデータ通信が可能なため、データ通信専用SIMよりも価格が高い傾向にあります。


データ通信専用SIM

データ通信専用SIMは、データ通信のみの利用が可能であるため、携帯番号がありません。

そのため、別に通話用の携帯電話を持つ予定があるので、格安SIMを使う端末には通話機能は必要なという場合は、データ通信専用SIMを選ぶことになります。

データ通信専用SIMは、ネット利用のみに限られるため、音声通話SIMに比べて価格が低い傾向にあります。


また、データ通信専用SIMは、高速電話通信が使用できるものと出来ないものの2種類があります。


高速通信が使えるデータ通信専用SIM

スマホ利用時にデータを最も使うケースは、動画視聴です。

1時間の動画視聴の場合、200MB~400MB程度のデータを使用します。

つまり、毎日1時間の動画視聴で月6GB~12GB程度のデータを使うことになります。


高速データ通信を無制限に使えるデータ専用SIMは、Youtubeやニコニコ動画などの動画共有ポータルサイト、HuluやNETFLIX、U-NEXTなどの動画サービスを長時間視聴する場合に適しています。

そのため、無制限に高速通信が使えるプランは、動画をよく見る人に最適なプランです。

通常、格安SIMにはデータ通信量に上限が定められており、その上限を超えて使用してしまうと速度制限がかかりますが、無制限プランであれば上限を気にせずインターネットを利用できます。


ちなみに、通常の格安SIMの通信速度は、下り最大375Mbps、上り最大50Mbpsを謳っています。

しかし、最大通信速度はあくまでも理論上の数値であるため、実際には表記されている数値よりも大きく下回ります。


格安SIMの通信速度は、帯域や設備の設定状況、通信する地域、データ通信を利用するユーザー数などにより、大きく左右されます。

ドコモの回線を借りてサービスを提供しているMVNOは数多く存在しますが、借り受けている元が同じだからといって通信速度も同じというわけではありません。


つまり、同じ格安SIMでも、実際に出る通信速度が速いものもあれば、遅いものも存在するというわけです。

速い格安SIMと遅い格安SIMでは、通信速度の差が100倍程度違うケースもあります。


高速通信が使えないデータ通信専用SIM

高速通信が使えないデータ通信専用SIMは、通信速度が遅くなりますが、その分、月額料金が安くなるプランです。

高速通信が使える格安SIMに比べて、値段はかなり安くなっていますが、下り200kbps程度の速度が出ます。


200kbpsでも、アプリのダウンロードを行うことが出来ますが、完了までに数十分程度の時間を要します。

そのため、高速通信が使えないデータ通信専用SIMを契約する場合は、無料のWi-Fiを使ってアプリをダウンロードするようにしましょう。

ちなみに、LINEやSkypeなどの無料通話アプリの利用に関しては、データ通信専用SIMでも問題なく使用することが出来ます。


普段、あまりスマホでデータ通信をしないという人は、1~2GBのプランを選択すれば、速度制限にかからず使用できます。


データ通信+SMS SIM

データ通信+SMS SIMは、前述のデータ通信専用SIMに「SMS」ショートメールメッセージ機能が付いたSIMカードです。

MVNOによってはオプションで設定することが出来ます。

オプション設定の場合は、データ通信専用SIMの料金に、毎月100円~150円程度の料金を上乗せすることで使用できます。

SMSを送受信する機能が付いたSIMカードは、セルスタンバイ問題の対策になるというメリットがあります。


セルスタンバイ問題とは

セルスタンバイ問題(セルスタンバイもんだい)とは、携帯電話やスマートフォンで3G回線を受信できる設定にした状態で、アプリケーションを動作させていないにもかかわらずバッテリーの消費が急速に進んでしまう問題である。

3G端末が主流となった以降、MVNO事業者のSIMカードを使った場合に多数報告されるようになった。


3G(W-CDMA)端末は、通信網を利用する端末内の音声通話部回路とデータ通信部回路は別々にキャリア電波を検知する方式になっている。そのため、挿入されたSIMカードがデータ通信専用の場合、音声通話の受信待ち受け(セルスタンバイ)ができず、一部の端末は電波検知しようとするために無駄に出力を上げ続けてしまうことが原因で電力を激しく消費するようになる。

対策として、データ通信回線ではなく音声通話回線を利用するSMSを送受信する機能が付いたSIMカードを利用する、SIMフリーの端末を使うことが挙げられる。


via:wikipedia


SMS付きのデータ通信SIMの場合、通話機能はありませんが、SMS機能により電話回線を使用するため、電波を探す行為を行わずにすみます。

これにより、バッテリーの消費を防ぐことが可能になります。


データ量について

データ量について

格安SIMは、1GBから無制限まで、データ量に応じたプランを選ぶことができます。

プラン別の契約者の割合としては、一般的に1GBから3GBまでのプランを利用する人が多いようです。

月々の利用が多く、契約したプランの上限を超えた場合は、後からデータ量を増やすことも可能です。


データ通信量1GBでどのくらい使えるのか?

1GBでどれだけのデータ通信が出来るかの目安は、以下の通りです。


行為データサイズ回数/送受信数/分数
WEBページの閲覧(スマホ版Yahooトップページ)236KB4,338回
300文字程度のテキストメール5KB204,800通
アプリダウンロード36MB27回
動画閲覧10.5MB(5分7秒の動画)95回(約500分)
地図閲覧732KB(Google Mapsで現在地を表示した後に拡大)1,398回
インターネット電話850KB(モバイルIPフォン)約3,613分

via:http://www.bmobile.ne.jp/fair/about_1gb.html


ブラウザ上でサイト(モバイル用サイト)を表示する場合の通信量は、1ページ当たり数百KB~1MB程度です。


格安SIMの購入方法

格安SIMの購入方法

格安SIMは、MVNOが提供するサービスです。

購入方法は、大きく分けてネットでの契約店頭での契約の2種類があります。


  • ネットで契約する
  • 店頭で契約する

ネットで契約

格安SIMの契約は、基本的にネットでWebサイトオンラインショップから申し込む方法が一般的です。


幅広い選択肢から選びたいという場合は、オンラインショップがおすすめです。

すでに契約する格安SIMが決まっている方は、MVNOのWebサイトから申し込む方が効率的です。


店頭で契約

格安SIMに詳しくない方やネットに不慣れな方は、スタッフのサポートが受けられる販売店で手続きを行うことをおすすめします。

ただし、契約することが出来る店舗は限られています。

どこの家電量販店でも格安SIMを取り扱っているわけではないので注意が必要です。


大手家電量販店では、「イオン」「ビックカメラ」「Y!mobile」などが格安SIMを取り扱っています。


電話番号を引き継ぐ場合は、MNPの準備が必要

現在使用している電話番号を引き継ぎたいという場合は、MNP(ナンバーポータビリティー)の予約番号を事前に用意してから手続きを行うとよいでしょう。

MNPの予約番号を取得する方法は、複数あります。現在利用しているキャリアの店頭、キャリアごとの電話窓口、Webサイトから行うことが出来ます。

MNP予約番号の有効期間は、予約当日を含め15日間です。

そのため、予約番号の取得後は時間を置かず早期に手続きを行って下さい。


契約にはクレジットカードが必要

格安SIMの契約時の支払い方法は、クレジットカードを用いる場合が一般的です。

決済コストを軽減するという観点から、クレジットカードでの決済を採用しています。

また、料金の回収漏れを少なくするという意味合いもあるようです。


このように、格安SIMの契約には、クレジットカードが必要です。

そのため、格安SIMの契約を行う際は、事前にクレジットカードを取得しておくことをおすすめします。


デビットカードで支払いできる格安SIMも

基本的に、多くのMVNOは、毎月の料金支払いをクレジットカードに限定している場合が多いですが、一部の格安SIMでは、デビットカードでの支払いにも対応しています。

クレジットカードでの支払いは、引き落とし日までは預金口座からお金が減ることはありませんが、デビットカードでの支払いの場合は、使った分だけ口座預金から都度引き落とされます。

つまり、口座残高に入っている金額分しか使えないため、カードで買い物をし過ぎる心配はありません


現在、デビットカードでの支払いには、「mineo(マイネオ)」「OCN モバイル ONE」「UQ mobile(UQモバイル)」「楽天モバイル」「DTI SIM」などが対応しています。


銀行口座振替にも対応

今までは、支払い方法は、クレジットカード決済のみという事業者も多かったのですが、最近では、それ以外の決済方法を選択できるブランドも出てきています。

クレジットカード決済はもちろんですが、口座振替や、ゆうちょ銀行の自動払い込み、 NTT料金と合わせて支払うなどの多様な支払い方法が選択出来るようになっています。

現在、口座振替は、「OCN モバイル ONE」「BIGLOBE SIM」などが対応しています。

口座振替は、口座名義の方の自筆サインと印鑑が必要になるため、事業者が指定する用紙を返送する必要があります。


格安SIMを提供するMVNO一覧

MVNO一覧

現在(2017年1月時点)、格安SIMを提供するMVNOは30社以上存在します。

そして、各MVNOは多種多様なプランを出しているため、数にすると膨大な格安SIMプランが存在します。

その中から、利用目的や料金などを考慮し、自分に最適な格安SIMを選びましょう。


MVNO一覧

ブランド名データSIM通話SIMデータ繰越利用回線
IIJmio(みおふぉん)900円/月 3GB/月1,600円/月 3GB/月可能docomo、au
ASAHIネット LTE900円/月 3GB/月なし可能docomo
イオンモバイル480円/月 1GB/月1,280円/月 0.5GB/月 可能docomo
インターリンクLTE SIM1,458円/月高速プラン 1GB/月高速プランなし不可docomo
エキサイトモバイル670円/月 1GB/月1,370円/ 1GB/月 不可docomo
OCN モバイル ONE 900円/月 110MB/日1,200円/月 1GB/月 可能docomo
goo SimSeller900円/月 110MB/日1,600円/月 110MB/日不可docomo
ServersMan SIM LTE467円/月 1GB/月なし不可docomo
SANNET LTE(サンネット)900円/月 2.1GB/月なし不可docomo
GMOとくとくBB SIM780円/月 3GB/月1,480円/月 3GB/月可能docomo
SkyLinkMobile(スカイリンクモバイル)無制限(通信速度300kbps) 780円 (842円)/月なし可能(マンスリーコース)docomo
So-net モバイル LTE(ソネット)880円/月 140MB/1日1,280円/月 100MB/日不可docomo
スマモバ2,480円 /月 5GB/月1,580円/月 1GB/月不可docomo
TikiTiki(Tikimo)640円/月 バンドルクーポンなし1,850円/月 3GB/月不可docomo
DMM mobile(DMMモバイル)440円/月 低速無制限1,140円/月 低速無制限 可能docomo
DTI SIM600円/月 1GB/月1,490円/ 1GB/月 可能docomo
とくとくBB SIM630円/月 1GB/月780円/ 1GB/月 可能docomo
TONE なし1,000円/月 低速無制限 不可docomo
NifMo(ニフモ)640円/月 1.1GB/月1,340円/ 1GB/月 可能docomo
nuromobile(nuroモバイル)700円/月 2GB/月1,400円/月 2GB/月可能docomo
hi-ho LTE typeD(ハイホー)770円/月 2GB/月+700円で可能可能docomo
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)900円/月 3GB/月1,400円/月 1GB/月 可能docomo
b-mobile(ビーモバイル)2,380円/月 25GB/月3,180円/月 25GB/月不可docomo
ぷららモバイルLTE900円/月 110MB/日1,600円/月 110MB/日不可docomo
FREETEL(フリーテル)499円/月 1GB/月1,199円/月 1GB/月可能docomo
PLAY SIM780円/月 2GB/月1,480円/月 2GB/月不可docomo
mineo(マイネオ)700円/月 1GB/月1,310円/月 0.5GB/月 可能docomo、au
MILEAGE SIM1,100円/月 3.5GB/月1,800円/月 3.5GB/月 不可
(余ったパケット容量
300MBごとに10マイルが貯まる)
docomo
U-mobile(ユーモバイル)680円/月 1~3GB/月1,480円/月 1GB/月不可docomo
UQ mobile(UQモバイル)980円/月 3GB/月1,680円/月 3GB/月可能au
LINEモバイル(ラインモバイル)500円/月 1GB/月1,200円/月 1GB/月 可能docomo
楽天モバイル525円/月 低速無制限1250円/月 低速無制限 可能docomo
ロケットモバイル298円/月 ―948 円/月 ―可能docomo
Y!mobile(ワイモバイル)1,980円/月 1GB/月2,980円/ 1GB/月 可能Y!mobile(ワイモバイル)
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE445円(480円 税込)/月 ―1,204円(1,300円 税込)不可docomo
Wonderlink(ワンダーリンク)890円/月 3GB/月なし不可docomo

※表内は税抜き価格を表示しています。


今や格安SIMを提供するMVNOのサービスは、ドコモ、au、ソフトバンクといった三大携帯電話キャリアに比べても遜色無いサービスになってきています。

格安SIMの契約は、ネットで簡単・手軽に出来るので、携帯電話料金の節約を考えている方は、この機会に乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?


格安スマホ(SIMフリースマホ + 格安SIM)プランの選び方
格安スマホについて 格安スマホとは、低価格なスマホ単体を指す場合と、SIMフリースマホと格安SIMをセットにした料金プランを指す場...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
トップへ戻る