スマートフォンのウイルス対策とセキュリティについて

ウイルス対策 セキュリティ

スマートフォンのウイルス対策とセキュリティ

コンピュータウイルスがスマートフォンやパソコンに害を与えることは分かっていても、具体的にどういったものなのか、その実態を十分に理解されている方は意外と少ないのかもしれません。

このページでは、そもそもコンピューターウイルスとは何なのかといった基礎的なものから、その種類や症状、対処法などについて説明していきます。


ウイルスについて掘り下げる前に、まずはマルウェアという概念を理解しておきましょう。


スポンサーリンク

マルウェアとは

マルウェア

マルウェア(malware) とは、不正かつ有害な動作を行わせることを目的として作成された、悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称です。

malwareは、悪意があるという意味の「malicious」とソフトウェア「software」という2つの言葉の一部を組み合わせた造語です。


マルウェアの中には、コンピュータウイルスワームトロイの木馬スパイウェアランサムウェアキーロガーバックドアなどがあります。

マルウェアという用語は、一般的な認知度が低いため、マスメディアなどでは「コンピュータウイルス」のことをマルウェアという意味で使用する場合があることから、両者はしばしば混同されます。

世間一般では、ウィルスを指してマルウェアの意味で呼ばれることもありますが、実際には、マルウェアがウイルスの上位概念です。



コンピュータウイルスとは

コンピュータウイルス

コンピュータウイルス (以下、ウイルス)とは、コンピュータ内のソフトウェアに侵入し、プログラムファイルからプログラムファイルへと感染するものを指します。

マルウェアの一種で、ヒトや動物に感染する病原体(ウイルス)と同様にスマートフォンに入り込んで増殖します。


ウイルスは、自ら単体のプログラムとして起動することはありません。感染したスマートフォン内部のプログラムやファイルの一部を書き変えて成りすまします。

そして、自分のコピーを追加し、感染した宿主のプログラムが実行された場合は、それを合図に、自分自身をコピーさせるコードを実行し増殖していきます。


ウイルスは、記憶装置(ストレージ)に保存されたプログラムやデータを破壊、もしくは改変、消去といった動作を行います。

さらに、インターネットを通じて重要なデータを、知らないうちに外部に送信するなどの極めて悪質な動作を行うこともあります。


ウイルスに感染したプログラムを電子メール等を通じて他のスマートフォンに渡し、そのスマートフォンを起動することでウイルスに感染します。

このように、ウイルスは次々にスマートフォンへ感染することで増殖し、その被害を拡大させます。


ワームとは

ワーム

ワームとは、ユーザに気づかれないようにコンピュータに侵入し、破壊活動や別のコンピュータへの侵入などを行う悪意のあるマルウェアの一種です。

独立のファイルで、他のプログラムの動作を妨害したり、ユーザーの意図に反する有害な作用を及ぼすことを目的として作成されたプログラムで、自分自身を複製して他のシステムに拡散するという性質を持ちます。

また、ウイルスと同様に、ネットワークを介して他のコンピュータへの伝染を可能とします。

このように、ウイルスとワームの特徴は非常に似通っています。


しかし、コンピュータウイルスは、宿主となるファイルを必要としますが、ワームはこれを必要としません。

ワームという名称の由来も、単独で存在可能であるという点に起因するものです。

ワームとウイルスは、宿主を必要とするかしないかで区別されます。


トロイの木馬とは


トロイの木馬とは、マルウェアの一種で、正体を偽ってコンピュータへ侵入し、データ消去やファイルの外部流出、第三者へのコンピュータに対する攻撃などの活動を行うプログラムのことを言います。

自らを有益なソフトウェアだとユーザーに誤認させ、ダウンロードさせるように仕向ける点が特徴です。

コンピュータ内に侵入したトロイの木馬は、ユーザーの意図に反して、攻撃者の意図する動作を秘密裏に行います。

このように、ユーザーを騙してコンピュータ内に入り込み破壊活動を行うという点が、ギリシア神話におけるトロイア戦争での「トロイの木馬」の逸話に似ていることから、このような名称が付けられました。


トロイの木馬は、ウイルスのように他のプログラムファイルに寄生することはありません。

また、ウイルスやワームのように、自分自身で増殖活動を行うこともありません。


スパイウェアとは

スパイウェア

スパイウェアとは、スマートフォンを使用するユーザーの行動を監視したり、個人情報などを収集するアプリケーションソフトのことを言います。

スパイウェアは、スマホの文字入力やWebブラウザの履歴などを収集し、入手したデータをマーケティング会社やスパイウェア作成者にフィードバックします。

基本的に情報収集を目的としていることもあり、ウイルスやワームのように自己増殖することはありません。

ウィンドウなどを立ち上げずに、バックグラウンドで動作するのでユーザーがその挙動に気づくことは非常に難しいと言えます。


ユーザーが気づかないうちにスマホ内にインストールしているケースが多く、表面上、特に目立った動きがないため、被害に遭っているという自覚がない点が特徴です。

しかし、実際には、インストール時に表示される利用条件の中に記載されているケースが多く、その利用条件を承諾してインスールしていることも多いようです。

このように、利用条件を承諾していた場合は、スパイウェアの活動を直ちに違法と判断することは出来なくなります。


また、マルウェアには、これらの他にも、ランサムウェアキーロガーバックドアなどがあります。


名称特徴
コンピュータウイルススマートフォンに入り込んで正常な利用を妨げ増殖する有害なコンピュータプログラム。
自ら単体のプログラムとして起動する能力はなく、宿主となるファイルが必要。
ネットワークを通じて拡散する。
ワーム他のプログラムの動作を妨害したり、ユーザーの意図に反するような有害な作用を及ぼすためのプログラム。
宿主となるファイルを必要としない。
ネットワークを通じて拡散する。
トロイの木馬正体を偽ってコンピュータへ侵入し、何らかのトリガによって活動する攻撃的プログラム。
他のファイルに寄生したり、自己増殖することはない。
スパイウェア利用者の動向を監視、収集するアプリケーション。
表立った行動をしないため気づきにくい。
ランサムウェア感染したコンピュータは、ファイルを暗号化するなどの方法でシステムへのアクセスを制限する。
制限を解除するためには、マルウェアの作成者に身代金(ransom、ランサム)を支払う必要がある。
ボット第三者が外部からネットワーク経由でスマートフォンを遠隔操作できるプログラム。スマホの乗っ取りが可能になる。
キーロガーキーボードからの入力を監視して記録するソフト。
パスワードなどの重要情報を不正に収集する。
バックドア勝手に管理者権限を取られる。ソフトウェアやシステムの一部として、利用者に気付かれないよう秘密裏に仕込まれた遠隔操作するための窓口。

ウイルスの侵入経路

ウイルスの侵入経路

そもそも、スマートフォンの利用時においてウイルス(マルウェア)はどこから侵入してくるのでしょうか?

ウイルスの侵入経路として最も多いのが、マーケットのアプリだと言われています。


アプリマーケット

アプリマーケットとは、アプリの流通を目的としてインターネット上に構築されたオンラインサービスの総称です。

代表的なものとしては、Androidアプリの公式マーケット「Google Play」やiOSアプリの公式マーケット「App Store」があります。


特に、Androidアプリは、自由さと利便性が優れる一方で、以前からセキュリティの問題が指摘されています。

Androidアプリは、公式マーケットである「Google Play」以外の非公式なマーケットも多数存在していることからも分かるように、アプリの入手先は豊富に存在します。

特に、非公式なマーケットで入手することが出来る、いわゆる野良アプリ裏アプリ(共に非公式アプリの俗称)は、公式マーケットで消されたものやリジェクトされたものも少なくありません。その中には、高性能で有益なアプリも存在します。


選択肢が増えるということは、ユーザーにとって高い利便性があると解釈することが出来ますが、反面、それに伴うリスクも上昇することになります。

ネット上に公開されている非公式なマーケットは、非公式と謳っているだけあって、安全性の観点から見た場合、疑わしいものも多数アップされています。つまり、ウイルス(マルウェア)が入っている可能性が高いのです。

しかし、公式マーケットの「Google Play」でもウイルスが混入したアプリが公開された事例があります。

公式マーケットである「Google Play」以上に安全だと言われているのが、各キャリアの公式マーケットです。

厳しいウイルスチェックを行っており、安全性が確認されたアプリしか公開されていないので信頼性が高いと言えます。


また、最近では、iPhoneやiPadなどiOSを狙ったウイルスが話題になっています。端末内に保存されている個人情報を盗み取る、悪質なアプリも登場しているため注意が必要です。


アプリ経由でウイルスに感染した場合は、感染源となったアプリをすぐにアンインストールするようにして下さい。

また、ウイルス対策アプリをインストールしてウイルスを駆除するようにして下さい。


メール

アプリの次にウイルス(マルウェア)の侵入が危険視されているのがWEBメールです。

WEBメールの添付ファイルやURLが記載されたリンクなどから感染するケースも少なくありません。

特に迷惑メールと思われる、知らない人からのメールや英文だらけのメールには注意しましょう。

安易に添付ファイルやリンクを開いてしまうと、ウイルスに感染することになります。

このようなメールが届いた場合は、すぐに削除するように心がけて下さい。


最近では、これを流用した手口がSNS等で散見されています。


SDカード

Androidスマホの場合は、パソコンで入手したアプリをmicroSDカード経由でインストールすることが出来るため、ウイルス(マルウェア)感染のリスクが高まります。

また、外部メモリ(SDカード)を利用するスマホユーザーは多いため、ウイルスが侵入する可能性があります。


対策方法としては、セキュリティソフトを利用してウイルスチェック、スキャンを行うようにしましょう。

また、SDカードを初期化することでウイルスを駆除することが出来る場合があります。ただし、初期化をする場合は、データのバックアップを取っておくことを忘れないで下さい。


その他にも、万一、紛失した際に情報が流失しないために、SDカードを暗号化しておくようにして下さい。

暗号化されたファイルは、暗号化を施した端末経由でしか開くことが出来ないため、流出リスクを最小限に防ぐことが出来ます。


サイト閲覧

不正なサイトへアクセスした際に、ウイルス(マルウェア)に感染する場合があります。

はじめから悪意を持って作成されたサイトや、他者に不正に改ざんされたサイトにアクセスすることによって、マルウェアが自動的にダウンロードされることがあります。


とはいえ、基本的にスマホへのウイルス感染源は不正アプリによるものです。

そのため、もし、サイト閲覧時にウイルス感染の警告が出ても安易に信用しないで下さい。多くの場合、ウソの警告を行うことで、不正アプリをダウンロードするよう誘導するものだからです。


ただし、常駐しているセキュリティソフトが『警告』を知らせる場合はマルウェアの可能性が極めて高いため、ソフトの指示に従って駆除して下さい。※セキュリティソフトの誤認識によるものあるため、「警告」アラートが100%正しいと言うわけではありません。


無料Wi-Fi

この数年、Wi-Fiは通信環境が飛躍的に改善されており、利用者数も増加傾向にあります。

飲食店や宿泊施設などで無料の回線が提供されており、ビジネスシーンにおいてもWi-Fiは幅広く活用されています。

セキュリティ設定がない状態のWi-Fi(無線LAN)を利用して通信を続けた場合、同じWi-Fiネットワークを利用する攻撃者に盗聴され、個人情報を盗み取られる危険性があります。

その回線を利用し続けた場合は、通信内容やメール、SNS、ログインIDとパスワード、クレジットカード番号などが筒抜けになります。

攻撃者に各種の情報が渡ると、乗っ取りやパスワード変更などの被害に遭うリスクが高まります。


このような被害への対策としては、ルーター・サーバー側でセキュリティ(暗号化)を設定するしかありません。

つまり、サービスを提供する側しか対処することができないため、基本的に利用者側が取れる対策はありません。


そのため、むやみに無料のWi-Fiスポットを利用しないことを心がけるようにして下さい。


セキュリティソフトで対策

セキュリティソフト

ウイルスを含めたマルウェアは、日夜開発されており、毎日新種や亜種が新しく誕生しています。一説には1日100万種類以上が作られていると言われています。

このようなマルウェアからの攻撃から、自分のスマートフォンを守るためには、セキュリティソフトを用いた本格的な保護が一番効果的です。


ただし、セキュリティソフトは、100%の確率で確実にウイルスを駆除することができるわけではありません。

しかし、入れておくのと入れていないのではセキュリティ面に大きな差が出ます。

なにより、スマートフォンに入れておくことで精神的な安心が得られるため、インストールしておきたいですね。


セキュリティソフトを導入する意義については、次のような点が挙げられます。


潜伏しているマルウェアを排除してくれる

既にスマートフォンにマルウェアが入り込んでいる場合でも、セキュリティソフトを起動し、調べることでマルウェアを発見することが出来ます。

マルウェアを発見した場合は、セキュリティソフトが適切に駆除してくれます。


侵入してくるマルウェアから端末を保護してくれる

セキュリティソフトを使用することで、マルウェアの侵入や不穏な動作を行うプログラムの実行を防ぐことができます。

また、マルウェアに感染する可能性の高いアプリのダウンロード、WEBサイトの閲覧、メールの受信時には警告してくれます。

ただし、既に判明しているマルウェアにのみ有効なため、新種のものに関してはその限りではありません。


セキュリティソフトを入れておけば、常に安全な状態を維持してくれるため、安心してネットを利用することができます。


最新情報に基づいてデータベースを更新

セキュリティソフトは、常に最新の情報に基づいて端末を保護してくれます。

新しいマルウェアが発見されるたびに、その情報は報告され、データベース化されます。

未知のマルウェアであっても、その特徴を抽出したデータベースにより、パターンを判断し、適切に処理してくれるセキュリティソフトもあります。


今やセキュリティソフトによるウイルスチェックは、スマートフォンを保護する上で欠かせないものになっています。


代表的なセキュリティ対策ソフトは、以下の通りです。


代表的なセキュリティ対策ソフト

ウイルスバスター(トレンドマイクロ)

製品名
ウイルスバスター クラウド10
対象特徴
初心者向け初心者に優しい。人気製品
無料体験版
30日無料体験版あり

公式サイト:http://safe.trendmicro.jp/purchase/vb/


ESETセキュリティソフト

製品名
ESETセキュリティソフト
対象特徴
初心者・中級者向け軽さと性能のバランスに優れる。
無料体験版
30日無料体験版あり

公式サイト:https://eset-info.canon-its.jp/


ノートン(シマンテックストア)

製品名
ノートンセキュリティ
対象特徴
中級者・上級者向け世界シェアNo.1。万能タイプ
無料体験版
30日無料体験版あり

公式サイト:https://www.nortonstore.jp/


カスペルスキー

製品名
カスペルスキー セキュリティ
対象特徴
中級者・上級者向け高性能。最新の脅威に強い。
無料体験版
30日無料体験版あり

公式サイト:http://www.eset-smart-security.jp/


まとめ

ウイルスとマルウェアの違いや代表的なマルウェアに関する特徴や侵入経路などについて説明してきましたが、ウイルスなどの感染リスクについて言えることは、自衛をするしかないということに尽きます。

そのためには、セキュリティソフトの導入だけでなく、OSのバージョンを最新のものにアップデートしておくことも忘れてはいけません。

もし、外部から不正なソフトウェアが侵入してきたとしても、OSが最新のものであれば、不正な動作を行う命令を拒否してくれます。


スマートフォンでインターネットを利用する上で、マルウェアの脅威は常につきまといます。

たとえば、サイトを閲覧していて警告が表示された時は、その警告に従ってアクションをしないようにして下さい。ほとんどの場合、その警告は、悪質なサイトに誘導するか不正なアプリをダウンロードさせようとするものだからです。

ソフトのインストールや別のサイトへ誘導されても、無視してブラウザを強制終了させて下さい。


しかし、どれだけ慎重に利用していても、悪意ある他者から予期せぬ攻撃を受けることもあります。

そんな時、セキュリティソフトやアプリを入れておけば、あなたの味方になってくれるはずです。

スマートフォンでインターネットを快適に楽しむために、事前に端末を守ってくれるセキュリティソフトを導入しておくことをオススメします。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
トップへ戻る