格安スマホ(SIMフリースマホ + 格安SIM)プランの選び方

格安スマホ(SIMフリースマホ + 格安SIM)とプランの選び方

格安スマホについて

格安スマホとは、低価格なスマホ単体を指す場合と、SIMフリースマホ格安SIMをセットにした料金プランを指す場合があります。

2015年5月以降に発売されたスマホに対して、SIMロックの解除が義務づけられました。

これにより、数多くのMVNOが通信事業に参入したことで、私達消費者は、通信会社を自由に選ぶことが出来るようになりました。


大手携帯電話キャリアが販売する一般的なスマホは、8~10万円程度の価格である場合が多いですが、SIMフリー端末は1万円を切るものから高いスペックを持つ高額なものまで多種多様な端末が用意されています。

一般的に、3万円程度で十分なスペックを持ったSIMフリースマホが手に入ります。


安価な通信網、安価なSIMフリー端末などの環境が整ったことで、現在、格安スマホの利用者は急激に増えてきています。


格安スマホについて詳しくは、以下のぺージをご参照下さい。


いまさら聞けない!?格安スマホとは何か?
格安スマホについて 「最近、格安スマホという言葉をよく聞くけど、普通のスマホと何が違うの?」「料金はどれくらい安くなるの?」 こ...

また、SIMフリー端末については、下記ページから確認してみて下さい。最新格安スマホのスペックなどの比較表を掲載しています。


スポンサーリンク

格安スマホの料金プラン

格安スマホの料金プラン

ここでは、SIMフリーの低価格スマホ格安SIMカードをセットにした場合の料金プランという意味での格安スマホについて説明していきます。


格安スマホと大手携帯電話キャリアでは、データ通信量の月額料金に大きな違いがあります。

格安スマホであれば、大手携帯電話キャリアの月額料金の半額~3分の1程度でスマホを持つことが出来ます。

大手携帯電話キャリアのかけ放題の場合は、月額料金に含まれますが、格安スマホは、通話した分だけ通話料がかかります。


大手携帯電話キャリア格安スマホ(MVNO)
定額制従量制

このような料金差があるため、端末料金を含んだ格安スマホの月額料金は、キャリアの半額以下で利用することが出来ます。


格安SIMのデータ量をチェック

格安SIMの月額料金は、データ量によって決まります。

格安SIMのデータ量は、1GB未満から無制限のものまで多種多様です。


あまりスマホを使用しないという方の場合は、毎月1GBから2GBのプランで問題なく活用できます。

一般的には、毎月3GBのデータ量で十分利用できます。

長時間動画を視聴したり、頻繁にスマホを利用するような人は、無制限プランがおすすめです。


現在、既にスマホを使用している人は、自分が利用している月々のデータ量を元に、最適なプランを選ぶようにしましょう。


通信速度をチェック

格安SIMを選ぶ上で、重要なポイントの一つに通信速度があります。

通信速度は、高速通信が使えるSIM(75Mbps以上)高速通信が使えないSIM(200kbps前後)の2種類のタイプがあります。

大手携帯電話キャリアと同等程度の通信速度を求める場合は、高速通信が使えるものを選ぶようにしましょう。


格安スマホの購入方法

格安スマホの購入方法

格安スマホは、大きく分けてMVNOでSIMフリースマホと格安SIMをセットで購入する方法と、MVNOで格安SIMだけを購入して、別途調達したSIMフリースマホに搭載するという2種類の方法で持つことが出来ます。


セットで購入する方法

初めて格安スマホを持つという方の場合は、SIMフリースマホと格安SIMをセットで購入する方がおすすめかもしれません。

なぜなら、スマホ初心者の方の場合は、SIMカードのサイズが良く分からなくて、別サイズのSIMカードを選んでしまうケースがあるからです。


また、格安SIMの利用回線はdocomo、au、Y!mobileの3社から借り受けていますが、お互いに合わない端末とSIMカードを購入してしまうと使用することが出来ません。


格安スマホ 互換性


キャリアごとに通信方法と利用周波数帯が違うので、docomo、au、ソフトバンクの音声通話の通信方式には互換性がありません。

しかし、セット購入の場合は、利用回線が共通する端末とSIMカードをセットで購入することになるため、間違うということがありません。


ただし、セット購入の場合にもデメリットもあります。

各MVNOが取り扱うSIMフリースマホは、一部の端末に限られます。そのため、選択肢は決して多くはありません。

また、MVNOによっては、格安SIMカードだけを販売して、SIMフリースマートフォンを販売していない所もあります。


その他にも、スマートフォンの本体価格が定価である場合が多いため、単体で購入する場合に比べて割高になるケースもあります。


格安SIMだけを購入する方法

MVNOで格安SIMだけを契約して、SIMフリースマホは、購入可能な実店舗や大手家電量販店、amazonなどの通販で購入するという方法があります。

この方法だと、セット価格よりも安価にSIMフリースマートフォンを手にすることが出来るので、月々の支払う料金はSIMカードのみとなります。

スマートフォンをより安価に持つことを希望される場合は、この格安SIMだけを購入して、別途SIMフリースマホを購入する方法がおすすめです。


格安SIMの選び方と申し込み方法
格安SIMとは 格安SIMとは、MVNOと呼ばれる事業者が提供する通信サービスを受けることのできるSIMカードのことを言います。 ...

iPhoneを格安SIMで利用する場合は、同様に格安SIMだけを購入し、別途SIMフリーのiPhoneを自身で用意する必要があります。

SIMフリーiPhoneは、「Apple Store」、もしくは「Appleの公式サイト」‎で販売されています。

また、既に大手携帯電話キャリアで購入したiPhoneを使用している場合は、キャリアでSIMロックの解除をして、格安SIMに入れ替えることで使用できます。


格安スマホ プランの選び方

格安スマホの選び方

格安スマホのプランを選ぶ前に、まずは押さえておくべきポイントを紹介します。


格安スマホを利用する場合は、SIMカードSIMフリースマホ端末の2つが必要です。

また、それぞれの形状と通信規格が一致している必要があります。


 SIMフリースマホのチェックポイント

  • 端末のスペックをチェック
  • SIMカードに対応しているか

端末のスペックをチェック

低価格なSIMフリースマホでも、基本的にLINEなどの主要なアプリは使うことが出来ます。

テーブルゲームなどのような比較的に容量や処理が軽いゲームの場合は、それほど高いスペックを必要としません。

しかし、3Dのオンラインゲームなど複雑な処理をするゲームの場合は、それなりに高い性能を必要とします。

そのため、相応のスペックを求める場合は、CPUがクアッドコアのものや、バッテリー容量の多いものにするなど、最適な環境を実現できる端末をチェックしておきましょう。


低価格を売りにしている端末の一部には、マルチタッチ(タッチパネルを2点以上同時に操作可能な入力方式のこと)に対応していないものあるため、その点についても注意して見ておくことをおすすめします。


SIMカードに対応しているか

当然、格安SIMカードが使える端末かどうか確認しておく必要があります。


大手携帯電話キャリアで購入した端末の場合は、現在契約しているキャリアでSIMロックの解除をしてもらう必要があるケースもあります。

例えば、ドコモからドコモ系格安SIMに乗り換える場合はSIMロックの解除は不要です。

しかし、auやソフトバンクからドコモ系格安SIMに乗り換える場合は、SIMロックの解除をしないと使用できません。


基本的に、MVNOが提供するセットでの購入の場合は、事前に対応するものを販売しているため、互換性をチェックをする必要はありません。


また、海外で販売されている端末のほとんどは、SIMロックがかかっていないSIMフリー端末であるため、格安SIMが利用できるかどうかを心配する必要はありません。


これは補足ですが、海外で販売されている端末を利用する場合は、「技適マーク」が付いているかどうかチェックしておきましょう。


技適マーク

技適マークがついていない無線通信機器を使用した場合、電波法違反に問われる可能性があります。

この法律に違反した場合は、一年以下の懲役又は100万円以下の罰金、また重要無線通信妨害と判断されると五年以下の懲役又は250万円以下の罰金が科されます。

国内大手キャリアやMVNOで購入する場合は、正しく技適マークがついているものを販売しているので安心して使用できます。

ですが、白ロムや海外で購入した端末の場合は、技適マークが付いていないものもあるため、十分に注意をする必要があります。


 格安SIMのチェックポイント

  • サイズをチェック
  • 1ヶ月のデータ通信量
  • 通話機能の有無
  • 高速通信or低速通信

端末に対応しているかサイズをチェック

SIMカードのサイズが購入した端末に対応しているかチェックしましょう。

アタッチメントやSIMカッターを使えば、サイズを合わせることが出来るので、必ずしもサイズが合っていないといけないわけではありませんが、サイズは合っているに越したことはありません。

SIMカードを注文する前に、しっかりとサイズを確認しておきましょう。


1ヶ月のデータ通信量

MVNOのプランは、月のデータ通信量を何GBにするかで料金が変わります。

そのため、まずは月にどれくらいのデータ通信量を使っているのか把握しておきましょう。

データ通信量を調べる場合は、キャリアの管理画面上で確認することが出来ます。

現在、使用しているデータ通信量が分かったら、その数字を目安に、自分に合ったプランを選ぶことをおすすめします。


ちなみに、MVNOによっては、日単位でデータ量の利用制限を設けているものもあります。

「○MB/日」などと記載されているプランの場合は、利用できるデータ量が毎日更新されます。

つまり、100MB/日であれば、30日で月間3GBのデータ通信を利用することが出来るわけです。


通話機能の有無

格安SIMには、音声通話機能が付いたSIMとデータ通信だけのSIMがあります。

音声通信を希望する場合は、音声通話SIMを選ぶようにしましょう。

MVNOのほとんどのプランがMNP(ナンバーポータビリティ)に対応しているため、現在利用している電話番号をそのまま引き継いで使用することが出来ます。


高速通信or低速通信

通話機能が必要ない場合は、データ通信SIMを選ぶことになります。

YouTubeなどの容量の大きいデータを、ネットで閲覧する場合は、無制限に高速通信(LTE)が使えるデータ通信SIMオススメです。

高速通信の場合、データ容量が少ない場合が多いので、回線速度と容量はセットでチェックしておきましょう。


人気のSIMフリースマートフォン

SIMフリースマートフォンとは、大手携帯電話キャリア(docomo、au、ソフトバンク)を介さずに使用できる端末のことを指します。

現在、SIMフリースマートフォンの性能は向上しており、キャリアのスマートフォンと比較しても、それほどスペックに遜色はありません。


低価格スマホ(格安スマホ)の選び方については、以下の内容を確認してみて下さい。

格安スマホの選び方
格安スマホの選び方 格安スマホとは、低価格のSIMフリースマートフォンと、格安SIMのセットのことを言います。 この格安スマホの料金の差は、「スマホ端末」「データ量」「通信速度」...

主要MVNO比較

主要MVNO比較

格安スマホは、自身が使用するデータ通信量によって選ぶべきプランが違ってきます。

また、月々の料金は、通話機能が必要かどうかで変わってきます。

まずは、その点を踏まえて、ご自分に合った格安スマホプランを探してみて下さい。


OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE
データSIMプラン通話SIMプラン最低利用期間
(データSIMプラン)
最低利用期間
(通話SIMプラン)
110MB/日:900円(税込972円)
170MB/日:1,380円(税込1,490円)
3GB/月:1,100円(税込1,188円)
6GB/月:1,450円(税込1,566円)
10GB/月:2,300円(税込2,484円)
20GB/月:4,150円(税込4,482円)
30GB/月:6,050円(税込6,534円)
500kbps(15GB/月):1,800円(税込1,944円)
110MB/日:1,600円 (込1,728円)
170MB/日:2,080円 (込2,246.4円)
3GB/月:1,800円 (込1,944円)
6GB/月:2,150円 (込2,322円)
10GB/月:3,000円 (込3,240円)
20GB/月:4,850円 (込5,238円)
30GB/月:6,750円 (込7,290円)
500kbps(15GB/月):2,500円 (込2,700円)
1ヵ月6ヵ月
初期費用データ量の翌月繰越容量追加回線
3,000円(税込3,240円)あり540円docomo
即日MNPMNP転出 手数料速度切替3日速度制限
可能3,000円(3,240円)あり高速時:なし(※110MB/日コース、170MB/日コースは、1日の高速通信量がそれぞれ110MBと170MBを超えると最大速度が200kbpsになる。)

低速時:なし
オプション
OCN電話:よりおトクな料金で通話ができるサービス。
※ 音声対応SIMのみ対応

050plus:通常の電話料に比べておトクになるIP電話アプリ

あんしん補償:あなたのスマホを予期せぬトラブル(故障・破損・水漏れなど)からお守り(補償)するサービス
※ 音声対応SIMのみ対応

マイセキュア:あなたのスマホを予期せぬ脅威(ウイルス・偽装サイト・悪質アプリなどの脅威)からお守りするサービス

マイポケットプラス:あなたのスマホに保存している大容量のデータ(写真・動画・アドレス帳)をスマホから別の安全な保存場所で保管しておけるサービス
特徴
■バリエーションあるプラン。
■通話料半額アプリや5分かけ放題などのサービスがあるので通話がお得。
■通信制限なし。
■SIMカードの追加が可能(通信容量はシェアされる)。
■OCNのオンラインストレージなどが使いやすい。
■IP電話「050 plus」とのセットあり。
■高いシェアを誇るOCNブランド。
キャンペーン セール・特典
■特典1:月額基本料を割引!
■特典2:基本通信容量を増量!
■特典3:SIMカードの追加手数料が無料!

キャンペーン申込期間:2017年4月30日まで
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

nuro mobile

nuro mobile
データSIMプラン通話SIMプラン最低利用期間
(データSIMプラン)
最低利用期間
(通話SIMプラン)
2GB:700円
3GB:900円
4GB:1,100円
5GB:1,300円
6GB:1,500円
7GB:1,700円
8GB:1,900円
9GB:2,100円
10GB:2,300円
2GB:1,400円
3GB:1,600円
4GB:1,800円
5GB:2,000円
6GB:2,200円
7GB:2,400円
8GB:2,600円
9GB:2,800円
10GB:3,000円
なし12,000円~0円
(サービス開始月から12ヶ月後まで、毎月1,000円ずつ減額)
初期費用データ量の翌月繰越容量追加回線
3,000円あり【100MB】500円
【500MB】2,100円
【1GB】3,800円
docomo
即日MNPMNP転出 手数料速度切替3日速度制限
可能3,000円なしあり(規定値に関しては公表していません。)
オプション
キャッチホン:200円/月

留守番電話 :300円/月

転送電話:無料

国際ローミング:無料

国際電話・国際SMS:無料

迷惑電話ストップサービス:無料
特徴
■So-net モバイル LTE(ソネット)がサービス提供を終了し、低容量のSIMプランに特化した新しいMVNOである「nuro mobile(nuroモバイル)」に統合。
■1GB刻みで柔軟性のあるプランが特徴。容量を1GB上げても月額料金は200円(216円:税込み)しか変わらない。
■コストパフォーマンスが良いのが2GB・3GBなどの低容量プランが人気。
キャンペーン セール・特典
■5ヶ月間700円引きキャンペーン
2GB分のデータ使用量が実質無料に。

期間:~2017年2月28日
それぞれの人にあった、シンプルなモバイルサービスを nuro mobile

U-mobile(ユー・モバイル)

U-mobile
(ユー・モバイル)
データSIMプラン通話SIMプラン最低利用期間
(データSIMプラン)
最低利用期間
(通話SIMプラン)
1GB:790円
5GB:1,480円
LTE 使い放題:2,480円
1GB:790円
5GB:1,480円
LTE 使い放題:2,480円
ダブルフィックス(〜3GB) :通信量1GB以下 680円〜
ダブルフィックス(〜3GB) :1GB超900円
SMS機能+150円
3GB:1,580円
5GB:1,980円
LTE 使い放題:2,980円
LTE 使い放題2:2,730円
ダブルフィックス(〜3GB) :通信量1GB以下 1,480円〜
ダブルフィックス(〜3GB) :1GB超1,780円
なし6ヵ月:違約金 6,000円
7ヵ月~12ヵ月以内:違約金 3,500円
初期費用データ量の翌月繰越容量追加回線
3,000円なし100MB:300円
500MB:500円
1GB:800円
docomo
即日MNPMNP転出 手数料速度切替3日速度制限
可能3,000円なし高速時:あり

低速時:なし
オプション
【通話プラン】
モバイル簡単セットアップサービス:無料
スマホ初心者の方や、スマホの初期設定が不安な方、アプリのダウンロードがわからない方などにおすすめ。 スマホのセットアップを訪問サービス。

でんわパック 60:800円/月
月額800円で最大60分通話が可能。60分超過後も、U-CALLアプリを介しているので電話料金が通常の半額で利用可能。

キャッチホン:200円/月
通話中にかかってきた別の電話を信号音(通話中着信音)でお知らせ。

留守番電話:300円/月
電波の届かないところにいたり、携帯電話の電源を切っている場合などに、伝言メッセージを残してくれるサービス。

転送でんわ:月額使用料無料
かかってきた電話をあらかじめ登録した他の携帯電話やオフィス、家庭の電話などに転送。

国際電話:月額使用料無料
国際電話がかけられるサービス。

国際ローミング:月額使用料無料
海外の通信事業者のサービスエリアで利用できるサービス。

【データ専用プラン】
SMSオプション:150円/月
SMS(ショートメッセージサービス)が利用可能。
特徴
■安い月額料金で大量に通信できる「U-mobile PREMIUM」が好評。
■「でんわパック60」で通話料金を安く抑えることが可能。
■SIM動作確認端末は100種類以上。
キャンペーン セール・特典
■音声通話SIMの3GBプランが半年間500円割引されて1,080円で利用可能。
U-mobile(ユー・モバイル)について詳しくはコチラから

LINE モバイル

LINE モバイル
データSIMプラン通話SIMプラン最低利用期間
(データSIMプラン)
最低利用期間
(通話SIMプラン)
LINEフリープラン
1GB(SMSなし):500円
1GB(SMSあり):650円

コミュニケーションフリープラン
3GB:1,110円
5GB:1,640円
7GB:2,300円
10GB:2,640円
※すべてSMSあり。コミュニケーションフリープランではSMSなしデータ通信SIMは未提供

LINE MUSIC + プラン
3GB:1,810円
5GB:2,140円
7GB:2,700円
10GB:2,940円
※すべてSMSあり。LINE MUSIC + プランではSMSなしデータ通信SIMは未提供
LINEフリープラン
1GB:1,200円

コミュニケーションフリープラン
3GB:1,690円
5GB:2,220円
7GB:2,880円
10GB:3,220円

LINE MUSIC + プラン
3GB:2,390円
5GB:2,720円
7GB:3,280円
10GB:3,520円
なし12ヶ月目の末日以内:9,800円(税抜き)の解約手数料
初期費用データ量の翌月繰越容量追加回線
3,000円(税抜)あり500MB:500円
1GB:1,000円
3GB:3,000円
docomo
即日MNPMNP転出 手数料速度切替3日速度制限
可能3,000円なし高速時:なし
低速時:なし
オプション
-
特徴
■特定のサービス(LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC)の通信を高速通信としてカウントしないプランあり
■LINEモバイルユーザー同士で高速通信容量を分けあえる。
■聞きたい時に聞ける安心のサポート
■支払いにLINE Payカードが対応
■LINEモバイル利用料金の1%分のLINEポイントが毎月貯まる。
キャンペーン セール・特典
■LINEモバイルの高速通信容量が3ヶ月間3GB増量される
■Blade V7liteの端末価格割引
LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)
データSIMプラン通話SIMプラン最低利用期間
(データSIMプラン)
最低利用期間
(通話SIMプラン)
【ドコモプラン】
500MB:700円
1GB:800円
3GB:900円
5GB:1,580円
10GB:2,520円
SMS機能+120円
【ドコモプラン】
500MB:1,400円
1GB:1,500円
3GB:1,600円
5GB:2,280円
10GB:3,220円
なしなし
初期費用データ量の翌月繰越容量追加回線
3,000円あり100MB:150円docomo/au
即日MNPMNP転出 手数料速度切替3日速度制限
可能利用開始翌月から12ヶ月以内
11,500円

13ヶ月目~
2,000円
ありなし
オプション
端末安心保証サービス:月額料金370円
万が一のトラブル時に負担を最小限に。

持込み端末安心保証サービス:月額料金500円
端末のトラブル時でも安心。

安心バックアップ月額料金:500円
大切なデータをしっかり保管!万が一の故障や紛失時も安心!

ウイルスバスター モバイル 月額版 月額料:金270円
不正アプリ対策、Web脅威対策、迷惑SMSや迷惑着信 対策などの総合的なセキュリティー対策。

安心フィルタリング:月額料金350円
Webページやアプリへのアクセスを制限したり、利用状況の確認などができるサービス。

メールウイルスチェック:月額料金200円
メールボックスへウイルスメールが届く前にメールサーバーでチェックし検知・削除。

その他
特徴
■「通話定額30」「通話定額60」で通話料金を安価に
■マルチキャリア対応でドコモ回線とau回線から選択可能
■音声通話SIM・データ通信SIMどちらも最低利用期間と解約金なし
■余った高速通信容量の翌月繰り越し
■高速と低速の切り替え
■低速時のバーストモード
キャンペーン セール・特典
■月額料金が3ヶ月間800円割引
■マイネ王に登録してeoID連携手続きをすると高速通信容量1GBをプレゼント
mineoはドコモ端末もau端末も使えるから、今のスマホをそのまま安く

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM
データSIMプラン通話SIMプラン最低利用期間
(データSIMプラン)
最低利用期間
(通話SIMプラン)
SMSなし
3GB:900円
6GB:1,450円
12GB:2,700円

SMSあり:+120円
1GB:1,400円
3GB:1,600円
6GB:2,150円
12GB:3,400円
なし12ヶ月目の末日以内 解約金:8,000円
初期費用データ量の翌月繰越容量追加回線
3,000円(税別)あり100MB:300円docomo
即日MNPMNP転出 手数料速度切替3日速度制限
可能契約開始月~3ヶ月目:6,000円
4ヶ月目以降:3,000円
なしライトSSプラン:360MB
オプション
BIGLOBEメール:無料
BIGLOBEメールはブラウザで手軽に使用可能。スマートフォンにも対応。

BIGLOBE Wi-Fi:無料
ライトSプラン、12ギガプラン利用時は、Wi-Fiスポットを1ライセンス無料で利用可能。
特徴
■60分以内の通話が格安になる「BIGLOBEでんわ 通話パック60」。
■BIGLOBE会員は全プランの月額料金が200円割引。
■シェアSIMで最大5人までデータ容量を分け合える。
■Gポイントがたまる・つかえる。
キャンペーン セール・特典
■音声通話SIMの新規契約で月額料金が半年間割引
■ZenFone 3 Laserが3,000円割引されるクーポン
「BIGLOBE SIM」のリーズナブルな料金プラン

DMMモバイル

DMMモバイル
データSIMプラン通話SIMプラン最低利用期間
(データSIMプラン)
最低利用期間
(通話SIMプラン)
ライト:440円
1GB:480円
2GB:770円
3GB:850円
5GB:1,210円
7GB:1,860円
8GB:1,980円
10GB:2,190円
15GB:3,600円
20GB:4,980円
ライト:1,140円
1GB:1,260円
2GB:1,380円
3GB:1,500円
5GB:1,910円
7GB:2,560円
8GB:2,680円
10GB:2,890円
15GB:4,300円
20GB:5,980円
利用開始日を含む月の末日1年
違約金:9000円
初期費用データ量の翌月繰越容量追加回線
3,000円あり【繰り越しあり】
100MB:200円
500MB:600円
1GB:1,100円

【繰り越しなし】
1GB:480円
docomo
即日MNPMNP転出 手数料速度切替3日速度制限
可能3,000円あり高速時:なし
低速時
3日間で366MB
オプション
安心パック:500円/月
端末交換オプションとセキュリティオプションがセットになったお得なパック。
最初の最大2ヶ月間は300円でご利用可能。

端末交換オプション:350円/月
端末交換:自然故障/破損/水漏れも交換対象!

セキュリティオプション:250円/月
あなたのAndroid端末を外敵から守ります!
サービス加入時にセキュリティオプションを申し込むと、ウェブルート社のセキュリティソフト「SecureAnywhere™モバイル プレミア」が付きます。利用開始月を含む2ヶ月間は無料で利用可能。

DMM Wi-Fi by エコネクト:362円/月
日本全国63,000ヵ所以上のWi-Fiスポット(公衆無線LAN)が利用できます。初回の1契約目に限り利用開始月を含む2ヶ月間は無料です。

スマート留守電:290円/月
電車や会議中などメッセージを聞けないときでもスマート留守電アプリ、またはメールからメッセージが文字で確認できます。
利用開始月から2ヶ月間無料。

タブホ:500円/月
400誌以上、1,000冊以上の人気雑誌が読み放題のサービス。
1度雑誌をダウンロードすると、7日間オフラインでも読むことができます。
利用開始月から2ヶ月間無料。
特徴
■全プラン業界最安値水準。
■豊富なプラン数なので、自分の利用状況に合ったプランを選ぶことが出来ます。
■高速通信と低速通信の切り替えが可能です。
■低速時のバーストモードにも対応しています。
キャンペーン セール・特典
■HUAWEI Mate 9購入でDMMポイント3,000円分プレゼント
■全員に利用金額の10%分のDMMポイントを還元
【DMMモバイル】加入するなら今がチャンス

UQ mobile

UQ mobile
データSIMプラン通話SIMプラン最低利用期間
(データSIMプラン)
最低利用期間
(通話SIMプラン)
3GB:980円
無制限(500kbps):1,980円 SMS機能付き
3GB…:1,680円
無制限(500kbps):2,680円
なし最低利用期間内の解約
契約解除料:9,500円
初期費用データ量の翌月繰越容量追加回線
3,000円あり100MB:200円(90日間有効)
500MB:500円(90日間有効)
au
即日MNPMNP転出 手数料速度切替3日速度制限
可能3,000円あり直近3日間の通信量が「6GB」を超えた場合
基本プラン:最大200kbpsに制限。
ぴったり・たっぷりプラン:最大300kbpsに制限。
オプション
安心アクセスV 月額料:無料
スマートフォン向けフィルタリングサービス。Wi-Fi通信にも対応。

SMS 月額料:無料
電話番号だけでメッセージのやりとりができるサービス。

テザリング機能 月額料:無料
PCやタブレット、ゲーム機をスマートフォンとつないでネット接続が可能。

音声通話プラン専用オプションサービス 月額料:無料
着信転送サービス、割込通話サービス、 番号通話リクエストサービス。

VoLTE用プランは「割込通話サービス」有料(200円/月)

その他
特徴
■au系MVNOの代表格。
■15日間無料で試せるサービス
■高い通話品質
■無料通話分や各種アプリがセットになった「ぴったりプラン」が人気
キャンペーン セール・特典
■無料通話が最大3倍
■月間データ容量が最大2倍に
無料通話・月間データ容量キャンペーンは2017年2月21日まで。
2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQモバイル】

NifMo(ニフモ)

NifMo(ニフモ)
データSIMプラン通話SIMプラン最低利用期間
(データSIMプラン)
最低利用期間
(通話SIMプラン)
【SMSなし】
1.1GB:640円
3GB:900円
5GB:1,600円
10GB:2,800円
SMSあり+150円
1.1GB:1,340円
3GB:1,600円
5GB:2,300円
10GB:3,500円
なし6か月
違約金:8,000円
初期費用データ量の翌月繰越容量追加回線
3,000円あり0.5GB:900円docomo
即日MNPMNP転出 手数料速度切替3日速度制限
可能3,000円なし【高速時】
1.1GB:250MB
3GB:650MB
5GB:1,100MB
10GB:2,200MB
を超えると200kbpsの速度制限
※3GB/5GB/10GBプランは1日制限
【低速時】
なし
オプション
NifMo あんしん保証:月額 380円
格安スマホとSIMをセットで組み合わせのみ。格安SIM単体は不可

NifMo 訪問レクチャー:月額 480円
希望するタイミングで、端末の初期設定や基本操作をプロがご自宅に伺って徹底サポート。

NifMo あんしん保証:月額 380円
マホを落として故障!そんなときも安心

NifMo でんわ:月額 1,300円/月

国内+海外かけ放題 2,700円/月
NifMo でんわはIP電話機能を使った通話サービス。月額定額で電話かけ放題。

特徴
■「NifMoバリュープログラム」なら月額料金を大幅にカットできる
■自宅のインターネットプロバイダが@niftyなら月額料金が200円割引
キャンペーン セール・特典
■3GB、5GB、10GBプランの申込みで最大15,000円キャッシュバック(2017年1月末まで)
■機種変更手数料 無料キャンペーン(2017年1月末まで)
■「まるっと割(ネット+スマホ)」@nifty 利用で基本料金200円割引き
■チャットサービスが24時まで対応
携帯料金がどんどん安くなる「NifMo バリュープログラム」が魅力!

TONE

TONE
データSIMプラン通話SIMプラン最低利用期間
(データSIMプラン)
最低利用期間
(通話SIMプラン)
使い放題:1000円(低速)
高速はオプション 1GB:300円
※専用端末TONE
m14(19,800円)
or
TONE m15(29,800円)
の購入は必須
+953円 オプション追加2年
違約金:9,800円
初期費用データ量の翌月繰越容量追加回線
3,000円docomo
即日MNPMNP転出 手数料速度切替3日速度制限
不可(最短翌日)9,800円
MNP転出とあわせて、契約解約する場合は、違約金のみ
1日300MB、
もしくは直近2~3日の合計300MBを超えた場合に速度制限
(速度は非公開)
オプション
IP電話かけ放題オプション:700円
500円(キャンペーン中)

SMSオプション:月額料金100円

090音声オプション:月額料金:935円
契約事務手数料:1,500円
安心オプション 月額料金:935円

TONEファミリーオプション 月額料金:0円
特徴
■スマホ初心者の方に向けた、使いやすく、低価格な高品質スマホが安さの理由。
■プランは、とてもシンプル。月額1,000円の使い放題のみ。
キャンペーン セール・特典
■新規契約+IP電話かけ放題の同時申込みで5000Tポイントプレゼント。2月末まで
■複数台同時契約で1契約あたり月額基本料金6か月無料
月額1000円からの、はじめてのスマホ。【TONE】

楽天mobile

楽天mobile
データSIMプラン通話SIMプラン最低利用期間
(データSIMプラン)
最低利用期間
(通話SIMプラン)
無制限(200kbps):525円
3.1GB:900円
5GB:1,450円
10GB:2,260円
20GB:4,050円
30GB:5,450円
SMS機能+120円
(30GBのみ+70円)
無制限(200kbps):1,250円
3.1GB:1,600円
5GB:2,150円
10GB:2,960円
20GB:4,750円
30GB:6,150円
SMS機能付き
なし1年
違約金:9,800円
初期費用データ量の翌月繰越容量追加回線
3,000円あり100MB:300円
(最大利用期間3か月)
docomo
即日MNPMNP転出 手数料速度切替3日速度制限
可能3,000円あり3日間で、
3.1GBプラン:540MB
5GBプラン:1GB
10GBプラン:1.7GB
を超えると200kbpsの速度制限
オプション
楽天でんわ5分かけ放題:850円/月
楽天モバイルをご契約のお客さまは、5分以内の国内通話が何度でもかけ放題

端末補償・あんしんリモートサポートパック:800円/月
端末補償は、万が一のトラブルが発生した場合に備えた、安心の端末交換・修理サービス

端末補償・あんしんリモートサポートパック:800円/月
端末補償:500円/月
端末の破損や故障などのトラブルが発生した際に、対象商品の交換・修理サポートが受けられます。

あんしんリモートサポート:500円/月
テクニカル分野に精通したプロのアドバイザーがリモートサポート。

つながる端末保証 500円/月
SIMのみをお申し込みの方でも利用できる端末保証サービス。

楽天モバイルWiFi:362円/月
専用アプリを使って簡単接続。日本全国合計60,000箇所を超えるアクセスポイントでインターネット接続が可能。
特徴
■契約期間中であれば楽天市場利用でのポイントが+1倍。
■高速通信はできないが格安の「ベーシックプラン」が人気。
■セット端末のラインナップが豊富。
■「楽天でんわ」で通話料が半額。
キャンペーン セール・特典
■楽天モバイルに申し込むだけで、月額基本料:初月無料。
■スーパーポイントアッププログラム 通話SIMの利用でポイント+1倍 各種サービスの利用でポイント7倍。
■通話SIM/050データSIM/データSIMがもう1回線 月額基本料3ヶ月分&手数料無料で使える。
■楽天モバイル人気オプションが最大2ヶ月無料!(初めての方限定)
■その他特典多数
楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

IIJmio

IIJmio
データSIMプラン通話SIMプラン最低利用期間
(データSIMプラン)
最低利用期間
(通話SIMプラン)
【ドコモプラン】
3GB:900円
6GB:1520円
10GB:2560円~
SMS機能:+140円

【auプラン】
3GB:900円
6GB:1520円
10GB:2560円~
SMS機能付き
【ドコモプラン】
3GB:1,600円
6GB:2,220円
10GB:3,260円~
SMS機能付き

【auプラン】
3GB:1,600円
6GB:2,220円
10GB:3,260円~
SMS機能付き
利用開始日を含む月の末日1年
違約金
(12か月-利用開始月を0か月とした利用月数)× 1000円
初期費用データ量の翌月繰越容量追加回線
3,000円あり100MB:200円
500MB:1,500円(店頭購入)
2GB:3,000円(店頭購入)
すべて購入月から3か月後の末日まで有効
docomo,au
即日MNPMNP転出 手数料速度切替3日速度制限
可能3,000円あり最大200kbpsでの通信時に、3日あたりの通信量が366MB(300万パケット相当)を超えた場合。

mioモバイル タイプAの場合、直近3日間あたりの通信量6GBを超えると速度制限がかかる場合もある。
オプション
みまもりパック:月額500円
ウイルスバスターとi-フィルターでお子様のスマホをあらゆる脅威からガード!

ウイルスバスターモバイル:月額205円
様々なセキュリティの機能を備えたスマホ端末向け総合セキュリティ・ウイルス対策アプリ(アンチウイルスソフト)。

迷惑防止パック:月額500円
ウイルスバスターとトビラフォンのお得なパック。スマホのウイルス対策、迷惑電話対策に最適。

タブホ:月額500円
ビジネス誌から趣味の雑誌まで、幅広いジャンルの書籍コンテンツが定額で読み放題。

特徴
■DMMモバイルとBIC SIM(ビックカメラ)に提供しているMVNO。

■音声通話機能プランは「みおふぉん」という愛称でおなじみ。

■余ったデータ容量の翌月繰り越しやバースト転送機能などもあり。

■全プランが複数SIMに対応。

■お得な2つの通話定額オプションも魅力。
キャンペーン セール・特典
0円でもう1枚キャンペーン
追加SIMの手数料0円&月額も今なら3ヵ月0円! ~2017/2/15 まで

ネットとSIM セットでおトクなmio割
ネットとSIMを同時にご利用で毎月月額から600円OFF

お友達紹介特典
IIJmioをお友達に紹介するとおトクな景品をプレゼント! ~2017/3/31 まで

端末補償オプション
IIJmioサプライサービスをお申し込みの際に、端末補償オプションを申し込むと月額380円が最大2ヶ月無料

ANAのマイルが毎月貯まる!
ANAマイレージモールから新規お申し込みでマイルが貯まる!

G-Call スマホの通話料が50%OFF
みおふぉんでデータ通信費を、G-Callで通話料を削減。
格安SIMが3GB月額900円から/IIJmio

キャリアを決めたら、SIMカードを選びましょう

選べる格安SIMには、「データ通信専用SIM」「データ + SMS SIM」「音声通話SIM」の3種類があります。

SIMカード

データ通信専用SIM最も安価なSIMカード。
利用できるのはデータ通信のみ。
高速通信と低速通信のうち、2種類から選べる。
データ + SMS SIMデータ通信専用SIMにSMS機能が付いたSIMカード。
データ通信のみの場合は、セルスタンバイ問題が起きる恐れがあるため、SMSを付けた方が安心。
音声通話SIM一般的なSIMカード。
データ通信と音声通話が両方利用できる。
価格は3種類の中で最も高い。

これらの中で、ご自身の用途に合ったSIMカードを選択しましょう。


SIMカードを選んだら、プランを決めましょう

次にプラン選を決めましょう。各MVNOは様々なプランを出しています。

基本的に、料金は、使用できるデータ容量によって変わってきます。その中から自分にあったプランを選んで下さい。


BIGLOBE SIMの一例

BIGLOBE SIM プラン

via:BIGLOBE SIM


mineoの一例

mineo プラン

via:mineo(マイネオ)


IIJmioの一例

IIJ mio プラン

via:IIJmio(みおふぉん)


格安スマホに乗り換えたからと言って、それまでのデータ使用量が大きく変わることはありません。

今までの月々の使用量を把握・確認した上で最適なプランを決めましょう。


最後にSIMフリースマホを選びましょう

SIMカードとプランを決めたら、最後は端末を選びましょう。

現在、発売されているSIMフリースマホは、大手キャリアで購入することができる端末と比べても遜色はなくなってきています。

事前に目当てのスマホがある場合は別ですが、まずはある程度直感で、デザインやカラーなど好みのものを探しましょう。

何機種か選択肢が揃ったら、次に機能やスペックを調べた上で、ご自身の予算に合った機種を選んで下さい。

また、機種選びの際は、実際の利用者の声をネット上で調べることも有効な手段です。


人気の格安スマホを比較

HUAWEI P9 lite PREMIUMZenFone 3 ZE520KLarrows M03HUAWEI Mate 9
HUAWEI P9 lite PREMIUMZenFone 3 (ZE520KL)arrows M03HUAWEI Mate 9
【発売日】
2016年11月25日
【発売日】
2016年10月7日
【発売日】
2016年7月28日
【発売日】
2016年12月16日
【搭載OS】
Android 6.0
【搭載OS】
Android6.0
【搭載OS】
Android6.0
【搭載OS】
Android7.0
【高さ】
147mm
【高さ】
146.8mm
【高さ】
約144mm
【高さ】
157mm
【幅】
73mm
【幅】
73.98mm
【幅】
72mm
【幅】
79mm
【厚み】
7.5mm
【厚み】
7.69mm
【厚み】
7.8mm
【厚み】
7.9mm
【重量】
147g
【重量】
144 g
【重量】
約141g
【重量】
190g
【容量】
RAM:3GB
ROM:16GB
【容量】
32GB
【容量】
RAM:2GB
ROM:16GB
【容量】
RAM:4GB
ROM:64GB
【カラー】
ホワイト
ゴールド
ブラック
全3色
【カラー】
シマーゴールド
サファイアブラック
ムーンライトホワイト
全3色
【カラー】
Black
White
Pink
ChampagneGold
Green
全5色
【カラー】
シャンパンゴールド
ムーンライトシルバー
全2色
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

最新のSIMフリースマホのチェックは、以下のリンクから飛んで下さい。




まとめ

キャリア契約をしているスマートフォンユーザーの平均月額利用料は、6,823円という調査結果(MMDLabo調べ 2016年2月時点)が発表されています。

同調査によると、現在支払っているスマートフォンの月額料金で最も多かったのは、6,000~9,000円あたりだったようです。


一方、格安SIMユーザーの平均月額利用料は、2,067円でした。


キャリア契約の場合、1年間に支払う料金の総額は81,876円です。

格安SIMの場合は24,804円となるため、格安SIMに乗り換えることで平均で年間57,072円の節約になります。


また、格安SIMユーザーを対象とした、満足度調査によると、62.7%の方が満足していると回答したそうです。

少しでも月々のスマホ料金を安く抑えたいと考えている方は、格安スマホの利用を検討してみてはいかがでしょうか?


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
15万円以上
トップへ戻る