スマートフォン操作方法の用語まとめ 「タップ」「スワイプ」「フリック」…

スマートフォン操作方法の用語まとめ 「タップ」「スワイプ」「フリック」…

スマートフォンの操作方法

スマートフォンを使用する上で、知っておきたい基本的な操作方法を説明していきます。

既に理解されている方も多いかと思いますが、初めてスマホを持つという方や改めて用語を復習しておきたいという人は目を通しておくことをおすすめします。


スポンサーリンク

Androidスマホ・iPhoneの操作方法

タップ

タップ

タップ(tap singletap)とは、マルチタッチ操作における基本的な操作方法の1つで、指で画面を軽く叩く操作のことを言います。ある一点を指定する際に使用する操作方法です。

ディスプレイ上に表示されたボタンやアイコンを押したり、サイト閲覧時のリンクを押す際に使用されます。

ディスプレイを1回だけ押すため、シングルタップとも言われます。

パソコン利用時のマウス操作における「クリック」と同じ行為です。


ダブルタップ

ダブルタップ

ダブルタップ(double tap)とは、画面の任意の場所を指で軽く2回叩く操作方法のことを言います。

ダブルタップ機能は、スマートフォンの機種やソフトウェアによって異なるため、同じ動作をするわけではありませんが、一般的にはよく利用する機能を素早く呼び出す場合に使用されます。

例えばiPhoneの場合は、3本指でダブルタップすることで、その箇所が拡大表示されます。

パソコン利用時のマウス操作における「ダブルクリック」と同じ行為です。


ロングタップ

ロングタップ

ロングタップ(long tap)とは、一定時間画面に触れてから指を離すという行為を指します。いわゆる「長押し」に相当する操作方法です。

ロングタップは、コンテキストメニュー(ポップアップメニュー)や画像の詳細情報を表示したり、画像の保存、コピーやペーストを行う、アイコンを移動するなど、アプリケーションごとに任意の操作が割り当てられています。


フリック

フリック

フリック(flick)とは、「素早く動かす、弾く」という意味の言葉で、指でスライド(弾き)させながらすぐに離す行為を指します。

タッチスクリーン操作全般に用いられる表現で、代表的なものとしては、日本語を入力する際に利用されます。

例えば、「あ」のキーをタップした場合は「あ」が表示されますが、上下左右にフリックすることで、残りの「あ行」の4文字を直接入力することができます。

また、ページを横にスライドさせて移動したり、スクロールする時にも、このフリック操作を利用します。


スワイプ

スワイプ

スワイプ(swipe)とは、指を画面で押して、一定方向へスッーと滑らすように動かす操作のことを言います。

フリックは、弾くように素早く指を動かします(動作の最後に指が離れる)が、スワイプは指をディスプレイにあてたまま動かすという違いがあります。


ホーム画面でスワイプを使う際は、ホーム画面を次の画面に切り替えることが出来ます。

その他にも、写真閲覧アプリや電子書籍閲覧アプリなどで、「次を表示する」or「前に戻る」といった操作を行うことが可能です。


ドラッグ

ドラッグ

ドラッグ(drag)とは、主にオブジェクトを移動させる際に使用する操作です。

対象のオブジェクトを押さえたまま、別の場所へ動かすことで移動することが出来ます。


このドラッグはスワイプと似ていますが、主に画面遷移を目的としたスワイプとはことなり、選択したアイコンなどを移動する際に使用します。例えばホーム画面のアイコンを並び替える場合などに用いられます。

パソコン利用時のマウス操作におけるドラッグに相当します。名称が同じなのでイメージしやすいですね。


ピンチイン

ピンチイン

ピンチイン(pinch in)とは、2本の指でディスプレイを押さえ、摘むように指を近づける操作方法のことを言います。また、ピンチクローズと言う場合もあります。

ピンチイン(ピンチクローズ)は、画面を縮小する場合などに用います。


ピンアウト

ピンチアウト

ピンアウト(pinch out)とは、ディスプレイ上に親指と人差し指を乗せ、2本の指を押し広げるような動作をすることをいいます。この操作方法をピンチオープンと呼ぶ場合もあります。

ピンアウト(ピンチオープン)は、画面を拡大する場合などに用います。


地図アプリなどは、ピンチ操作で拡大と縮小を行うことが出来ます。


iPhoneの操作方法

iPhoneとAndroidスマートフォンでは、同じ操作方法でも別の呼称が用いられます。

また、Andoroid端末には採用されていない操作方法も存在します。

ここでは、iPhone(iOS搭載端末)を利用する際の操作方法について説明していきます。


タッチアンドホールド

タッチアンドホールド

タッチアンドホールド(touch and hold)とは、ディスプレイに指をあてながらタップしたままの状態を維持することを言います。

iPhoneのホーム画面でアイコンをホールドする(指で押し続ける)と、アイコンがプルプルと揺れだします。


この状態のアイコンをドラッグすることで、アイコンを移動し並べ替えを行うことが出来ます。


ピーク

ピーク

ピーク(Peek)とは、ディスプレイを軽くプレスすることで、プレビュー画面を表示でき、素早く効率的に受信ボックスのEメールなどをチェック出来るようになる機能です。

ピークでメール内容が十分に分かる場合は、プレスをやめると開いていた受信ボックスは元に戻ります。


ポップ

ポップ

ポップ(pop)とは、ピークをさらに指を強く押すことでプレビュー画面を全画面表示にする機能です。

受信ボックスからEメールをタップする場合と同様に、本文が開いて全文を確認することが出来るようになります。


このピークとポップという2種類の操作方法は、iPhone 6sに『3D Touch』が搭載されたことで実現した機能です。


シェイク

シェイク

シェイク(shake)とは、iPhoneを振る動作のことを指します。

シェイクをすることで、文字入力をキャンセルしたり、削除したメールを元に戻す(ゴミ箱から戻す)など、直前操作を一発で取り消すことが出来ます。


LINE利用時における、お互いのスマホを近くに寄せてシェイクをするだけで、友だち登録できる「ふるふる」機能としてもよく知られています。


まとめ

日常的によく使うものから、新たに追加された新機能まで様々な操作方法があることがお分かりいただけたかと思います。

このページで紹介している操作方法は、スマホだけではなく、タブレットでも使用することが出来ます。

操作方法をしっかり理解して、便利に端末を使用したいものですね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
トップへ戻る