SoftBank LG K50 の評判・スペック・発売日・価格情報

LG エレクトロニクス
LG K50
LG K50

【カラー】 スペースブルー プラチナシルバー 全2色


SoftBank LG K50 の概要

ソフトバンクは、2019年夏モデルのラインナップとして「LG K50」の発売を発表しました。発売日は2019年7月上旬以降を予定しています。予約開始日は2019年6月下旬以降を予定しています。

「LG K50」は、6.26インチHD+ディスプレイ、3,500mAhの大容量バッテリー、デュアルカメラなどを搭載したコストパフォーマンスに優れるローエンドモデルスマートフォンです。


大容量バッテリー

「LG K50」は、3500mAhの大容量バッテリーを搭載し、電池の消費を気にすることなく安心して動画視聴や音楽配信サービスなどを楽しむことができます。

また、バックグラウンドで使用中のアプリの消費電力をセーブする機能や、YouTubeなどの映像コンテンツの音声だけを聞く場合に、画面を暗くして消費電力を抑える「エコプレイ」などを搭載することで、バッテリーの劣化を抑え、長期間スマホを快適に使用することができます。


約6.26インチ大画面ディスプレイ

約6.26インチHD+の大画面で、全体に映像が広がる「FullVision」ディスプレイを搭載しています。

19:9の縦長画面で、SNSやニュースサイトなどを何度もスクロールすることなく見ることができます。


また、丸みのある2.5dラウンドエッジで手になじむデザインを採用しているので、大画面でも持ちやすさを実現します。


メインカメラ

メインカメラは、約1300万画素と約200万画素のデュアルカメラを搭載しています。

デュアルカメラで、背景をぼかしたポートレート撮影ができます。

また、AIカメラにより、被写体に最適なモードを選択することできれいな写真をかんたんに撮影できます。


インカメラ

サブカメラには約1300万画素のカメラを搭載しています。


どちらのカメラでも背景をぼかしたポートレート撮影をすることができます。

また、メインカメラでは、AIが被写体を認識し最適なモードを選択するため、どんな場面でも簡単にきれいな写真を撮影することができます。


バッテリー

3,500mAhの大容量バッテリーを搭載し、電池の消費を気にすることなく安心して動画視聴や音楽配信サービスなどを楽しめる。


スポンサーリンク

SoftBank LG K50 のスペック

LG K50 のスペック

基本
サイズ(高さ×幅×厚さ)約161mm × 77mm × 8.7mm
質量約172g(暫定値)
電池容量3500mAh
CPUMT6762(オクタコア)2.0GHz+1.5GHz
SIM Cards
搭載OSAndroid 9 Pie
発売日2019年7月上旬以降発売予定
予約開始日:6月下旬以降
ディスプレイ
ディスプレイ種類IPS-TFT
サイズ 約6.2インチ
解像度(ドット数)1520 X 720ドット HD+
解像度
縦横比
表示色数
メモリ
外部メモリmicroSDXC(最大512GB)
内蔵メモリRAM3GB
ROM32GB
カメラ性能
メインカメラ静止画デュアルカメラ
(約1300万画素+約200万画素)
動画撮影
フロントカメラ静止画約1300万画素
動画撮影
通信
通信方式
無線LANIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
その他
ワンセグ/フルセグ×/×
おサイフケータイ×
赤外線通信×
防水対応×
防塵対応×
VoLTE対応
テザリング対応○ (10台)
生体認証
バッテリー駆動時間
連続通話時間
電池持ち時間

SoftBank LG K50 の実質負担金

「LG K50」の本体価格は、未定です。


公式サイト:ソフトバンク オンラインショップ


SoftBank LG K50 ネットでの評判・レビュー

SoftBank LG K50に関するネット上でのユーザーからの口コミレビューを紹介しています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスマートフォン徹底比較サイトをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スマートフォン比較

キャリアで比較
ドコモ
au
SoftBank
SIMフリー端末を比較
SIMフリー
価格帯で比較
1万円以下
1万円台
2万円台
3万円~5万円
5万円~10万円
10万円~15万円
15万円以上
トップへ戻る